FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホウザンスゲ

別名は ホウオウスゲ
山地の樹林下、木漏れ日が刺す様な所でみました。葉の色が濃い緑色です。
resize33574.jpg

周りに小さな株もありますね。葉の長さは30cm前後、幅は8mm。
resize33576.jpg

小穂は?と探したら面白い形で出ていました。
前にみた事のあるオキナワスゲ(ホウランスゲ)に似て根元近くに小穂が付いています。色はオキナワスゲと違って緑色。だからホウザンスゲかなと検討をつけて図鑑と照らし合わせてみました。枯れ草を除いてみたら柔らかい土から根が横に伸びて行くのが見えます。画面右側の根元の小穂は倒れたのではなくこんな形でついていました。葉鞘の基部は淡褐色です。
resize33579.jpg

手前に雄小穂が見えます。他の株もみましたが有花茎の高さは3~5cmでした。
resize33577.jpg

葉の幅は8mm。縁はざらつきます。裏側(右)は緑白色。
resize33587.jpg

手前 雄小穂は線形で長さ2~2.5cm。
resize33591.jpg

果胞は雌麟片より長く5~6mm。無毛ですが、ルーペでみたら微細なざらつきがある様に見えました。口部は2小歯。
resize33581.jpg

痩果は楕円形で褐色。長さ4mm、稜の中央部がくびれていて、頭部の付属体は環状。柱頭は3岐。
resize33584.jpg
スポンサーサイト



コメント

文句なしです

 痩果の中央がバイオリンの胴のようにくびれ、一発でヒエスゲ節とわかりますね。有花茎の出方や短い雄小穂と併せて、紛らわしいものがない種類です。環境省ⅠA類だったと思いますが、ネットに画像はなかったのでは? イヌフトイと併せて、記念すべきページになるでしょう。
 鳳山とは台湾の鳳凰山のこと。別名のホウオウスゲも、鳳凰山にちなむのでしょう。このスゲを日本で最初に見つけたのは、定年後石垣島に二年間住みこんで調査に明け暮れた古瀬義(みよし)氏です。分類を学ぶ者なら、知らない人はいないくらい有名な人。私はお会いできずに終わりましたが、会ってみたかった人の一人です。

>みっちゃん先生

 痩果が割と大きく、小穂のつき方にも特徴があったので、これで良いと思いつつも他に画像がなく、不安がありましたが、カヤツリグサの図鑑の記述を頼りにやってみました。最近は果胞から痩果を取りだす瞬間がとても楽しいのですが、これは特に特徴のある形で期待通りでした。
 アリサンタマツリスゲもそうでしたが、沖縄には台湾にちなむ名前のカヤツリグサが他にもあって、名前の由来を教えて頂くと又興味が湧いてきます。他にも似たようなのがあって毎日ルーペを覗いては悩んでいます。またよろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索