私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ルビーガヤ

陽のあたる道端の草地に生えていました。昨年も同じ所に生えていて、とても気になっていたのですが、二度目に見た時「あ!ルビーガヤだ」と急に名前が出て来ました。以前から見たかったので図鑑を眺めていました。稈は束生して細く草丈は1m位あります。
resize33360.jpg
地味な花が多いイネ科の中でこれだけは胸がときめく様な赤紫色の円錐花序。
resize33359.jpg

葉は明るい緑色、葉身は扁平で長さは10~15cm程度。
resize33362.jpg

葉鞘の基部には白い粗毛が付いています。毛の長さは1~1.2mm。
resize33365.jpg

葉鞘口部の毛の長さは2mm位。
resize33363.jpg

小穂は5mm位で長い絹毛に覆われています。
resize33364.jpg
こんな色をもつイネ科はこれしかないかなと思ってルビーガヤにしました。帰化植物ですが中々見かけません。
スポンサーサイト

コメント

ルビーガヤ

 これは判りやすいですね。まだ実物を見ていませんがルビーガヤで良いと思います。60年代に見つかったためか、いろいろな図鑑に載っていますが、「日本の帰化植物」(平凡社)の記述がまさに画像とドンピシャでした。瀬戸内沿岸にも記録があるようなので、こちらでもそのうち見れるかもしれません。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、OKの判定を有難うございます。
これは石垣島でみたもので、沖縄本島にもあるらしいのですが、まだ見つけていません。少ないかなと思っていましたが、瀬戸内沿岸でも記録があるんですね。こちらの植物図鑑では嘉手納で発見とありました。基地の街なので帰化植物の入り口といっても良さそうな気がします。
 色がとても良いなぁ~と思いますが、小穂を持って帰って来ても色がすぐに紫色に変化して綺麗では無くなりました。

ひえ~

 こんな華麗な(ケバい?)イネ科があるんだ。知らんかった。
 三つほど小穂を接着剤でくっつければ、釣りの擬餌に使えそう…。
 30日まで四国へ行ってきます。

>みっちゃん先生

みっちゃん先生、 こんにちは。
>釣りの擬餌に  あは!(*^▽^*)  確かに!
赤い色は遠くからでも目立っていました。数が少ないと見つけた!と喜んでしまいますが、もし草地一面に群生してしまったらありゃぁ~。。ですね。
こちらは今日は曇りですが、四国は晴れのようですね。
いってらっしゃ~い!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索