FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タシロスゲ

みんなで山から降りた時に岩の上に咲いていたカヤツリグサ科の花です。満開でした。(1/31)
resize33109.jpg

その後どうなったか行ってみたら、結実している様です。(3/9) 主に岩の斜面に生えていて周りにもたくさんあります。これなら判りそうなので、写真を撮って来ました。一番目立つのは濃い緑色の硬そうな葉です。これで有花茎の高さか30cm程度。長い葉は45cm、幅は6mmありました。
resize33111.jpg

花序。頂小穂は雄性、側小穂は雌生で1節に1~4個(先端に短い雄花をつける事がある) 苞は葉身は葉状で花序と同長か短い。
resize33110.jpg

葉鞘の基部は暗褐色、古い鞘は繊維状に細裂。
resize33113.jpg

雄小穂。雄麟片は淡褐色。短芒。
resize33115.jpg

雌小穂。雌麟片は緑白色。短芒。
resize33117.jpg

果胞。雌麟片と同長かやや長く(↑)狭卵形、有毛、口部は2歯。長さはこの画像のもので2mm。
resize33118.jpg

痩果。菱形で3稜が目立ち、長さはこの画像のもので1~1.2mm。褐色、頂部に環状付属帯がある。
resize33119.jpg
3岐する柱頭の判りやすい画像がないですが、他はタシロスゲの条件に合っていると思うのですが。
追記:タシロスゲで良いそうです。痩果の形が6面体で三稜が目立つ事から、柱頭は三岐、二岐なら果実はレンズ状になる。
スポンサーサイト



コメント

果実を見れば柱頭の分岐数がわかりますよ

 タシロスゲで正解ですね。一節から複数の穂が出る特徴も、写っている写真があります。果実(痩果)は6面体で三稜が目立ちますから、柱頭は三岐です。二岐なら果実はレンズ状になります。ヌカスゲ節には個性的な果実が多いですが、タシロスゲも律儀に幾何学的ですね。
 こちらは今雪が降っています。今日の最高気温は6℃。北風は風速7m。厚着して木を切っていましたから、寒さは感じませんでしたが。家へ帰ってから、薪ストーブを焚きまくっています。

>みっちゃん先生

 タシロスゲ、名前だけは知っていたのでいつかは攻略したいと思っていました。1枚目はpandaちゃん達と一緒に見たもので、あの時はこれがタシロスゲとは知らなかったです。
気になって昨日見て来たのですが、果実が出来ていたので、ワクワクしながら帰って来ました。タシロスゲで良かったのですね♪
図鑑を読み返すと1節に数本の雌花序が付くと書いてありました。3枚目ですよね、記述を追加します。
痩果の稜の様子から柱頭の数が判る、と言う事は知りませんでした。柱頭の数がはっきりしない時にはこれを知っていたら一歩前進出来ます!
カヤツリグサ科は果胞から、痩果を取りだす瞬がとても楽しいです。どんな形だろう~!なんて期待をもってルーペで覗きます。

 京都は今雪ですか、3月ももう半ばですよね~。最高気温で6度、風速7mだと体感温度は零度位でしょうか。。う~~ん、沖縄ではあり得ない寒さです。想像するだけで風邪をひきそう。。^^; 

タシロスゲ

 タシロスゲ、痩果の形が可愛すぎ!
 柱頭の数ですが、1枚目の開花中の側小穂を拡大しても判ると思いますよ。

>マツモムシさん

 こんばんは、小さな6角形の痩果はほんと、可愛らしいかったです。思わず再度図鑑を見直したりしました。
柱頭の3岐、そうですね、綺麗に咲いている時もちゃんと見ないといけませんね。写真も再度拡大してみたら、おっしゃる通りでした。
 今日も一か所様子を見に行って来ましたが、先月葉のみの株がすでに開花してい て、果実に変わる期間も意外に短いのだなと思いました。この頃はどんどん咲きだしているので、油断が出来ない時期になって来ました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索