私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

スズメノカタビラ

イネ科 イツゴツナギ属
空き地やあぜ道、道端などで良く見かける雑草。高さは10~30cm。白っぽい小さな小穂がゆらゆらして、葉を触ると柔らかい。
resize32706.jpg

花序の枝が水平になってるのが特徴の一つ。
resize32708.jpg

小穂は2~6小花、小花の先のほうは幾分赤みがあった。護穎に脈があるのはルーペで確認出来たけど数は数えられない、裏面の圧毛も見ていなかったです。
resize32707.jpg

この草丈は約20cm、葉の長さは7~8cm、一番上の葉は短い。葉先はボート型。葉鞘の基部は白い。
resize32704_2014022614574898b.jpg

葉舌3mm程度。
resize32709.jpg

観察不足でどうしようかと思いつつ載せました。又見かけた時には新鮮な小穂をよく見たいと思います。pandaちゃんのスズメノカタビラがとても参考になりました。

追加:小穂のアップを追加いたします。第二苞頴はやや基部で幅が広い菱形で、肩がある。
resize33219.jpg
スポンサーサイト

コメント

すずめさん

こまさん、沖縄のスズメノカタビラ見せてもらいました。リンクもありがとうございます。でもこの春、このイチゴツナギ属をもっと見つけないと、まだスズメノカタビラがよくわかっていません。似たのを攻略しないとね(ё。-)・・☆
それより沖縄で撮ったイネ科、カヤツリグサ科は難航しています。観察不足が原因なのですが、こまさんのブログと見比べながら考えています。やっぱり、難しいね。

問題なし

 問題ありません。できれば小穂のアップがほしいところですが、近年は外来のスズメノカタビラもあるらしいので、ここでは深く議論しないでおきます。もっとも、スズメノカタビラにしても、農耕や人の移動で昔に広まったものでしょうけど。

>pandaちゃん

 イチゴツナギ属、似たようなのがありますね~。これは先月撮ったものですが、うかうかしているうちに、乾燥してしまい、標本もペッタンコになり、また新鮮なのを観察しなくてはいけない状態です。他の似たのと比べるためにもちゃんと見ておかなくては。。私も頑張るから、また教えてね。
 それと、沖縄で最後の海辺近くでみた細いイネ科、私も分かりません、ヒメヒゲシバとか、コウセンガヤとか小穂の芒の長い所が似ている気がするけど、わからなくて、これももう一度見に行かなくては、と思っています。

>みっちゃん先生

 現場でもっと時間をかけてみて来なかったので、こんな状態ですみません。ちゃんと特徴を抑えておかないと、他のものとの見わけが出来なくなるので、今度見かけたら小穂の拡大写真を追加します。
 スズメノカタビラは琉球植物誌ではスズメノカタビラ属でしたが、今はイチゴツナギ属なんですね。図鑑ではもう一種ミゾイチゴツナギと言うのがあるらしいですが、沖縄ではごくまれ、と書いてあったので油断していました。

スズメノカタビラ

 スズメノカタビラをUPされましたか。私は以前、在来と外来のスズメノカタビラの違いを調べようとしましたが、いま一つ区別点が掴めずそのままになってしまい、未だにページが作れません。自然度の高い棚田に生えているものは、まあスズメノカタビラだろうと決め付けています。
 在来と外来の区別といえば、シロイヌナズナだとかヒメコウガイゼキショウだとかも相当の難物です。

>マツモムシさん

 こんにちは! 今日は良い天気です。
頼りのマツモムシさんのHPを拝見してあるかな~と思ったのでしたが、そういうややこしい事があるのを、今回初めて知りました。みっちゃん先生にも教えて頂きましたが、近年の外来種とどう違うのか、数多く見ないと、それでも難しそうです。
 マツモムシさんのおっしゃる通り、生えている環境を選ぶ事も大切と言う事を頭に入れておきたいと思います。

シロイヌナズナとコウガイゼキショウ、これもですか、コウガイゼキショウは大抵山道の真ん中のちょっと湿った所で見る事が多いですが、明らかに出入りする人の足に付いてきているのではないかと思ったりもします。心してみないといけませんね。

ヒメコウガイゼキショウ

 こんにちわ。コウガイゼキショウは今のところ外来は報告されていないので大丈夫かな。問題なのはヒメコウガイゼキショウですね。もともと低地の水田や湿地、河川敷に生えるものですが、都市部の空き地などに生えているものは外来だろうと言われています。

>マツモムシさん

 コウガイゼキショウもあれから未だ様子を見に行ってはいませんが、そろそろ花も良い頃かな、展示会(すみれ展)が終わったら行ってみたいです。あ、午前中でしたね、取りあえずこちらは外来はないと言う訳ですね。
 ヒメコウガイゼキショウはマツモムシさんのを拝見して来ました。印象は花が多くつくというか、葉が少ない印象ですね。まだまだやらなければいけない事がたくさんありますが、一つずつ攻略して行きたいと思います。

こんばんは

こまさん、こんばんは
マツモムシさん、私もススメノカタビラの外来種のことが気になっていたので、よかったです。ありがとうございます。
今日は田んぼと渓流と歩いたのですが、よくわからないもので難航しています。そうそうヒメヒゲシバのこれC. divaricata var. cynodontoides に似ていませんか?↓
http://ausgrass2.myspecies.info/content/chloris-divaricata
私は英語ダメなので・・こまさんは大丈夫?

>pandaちゃん

こんばんは~ うん、似ていますね。
同じく私も英文は判らないけど、オーストラリアのヒゲシバ属の画像ですよね。
C. divaricata var. divaricata で検索すると台湾の論文が出て来てここにも似た画像がありました。
http://www.tsps.org.tw/document/paper/new/134%20Chloris%20divaricata%20(Poaceae)%20and%20Its%20Variety%20C.%20divaricata%20cynodontoides%20in%20Taiwan.pdf
ヒメヒゲシバで検索するといつの間にかたどり着くけど合っている様な気がするけどね~。。撮った画像を載せてみようと思うけど。。明日まですみれの展示会があるので頭がすみれでいっぱいなので、もうちょっと待ってね。

追:うまくリンク出来ないけど、アドレスを全部コピー&ペーストして見てみてね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索