FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヤリテンツキ

明るい山地の道沿いで芝生みたいに生えている事があります。これは昨年11月に見た株です。有花茎の高さは15~40cm。
resize32621.jpg 葉の長さは長さ7~20cm、幅は1mm、小穂よりも短い。ルーペで見ると辺縁はザラついています。葉鞘の基部は褐色。
resize32634.jpg

茎頂に1個、(まれに2個)小穂を付ける。卵形~卵状長楕円形、長さは6~10mm。
resize32633.jpg

茎頂に小穂が2個ついたものもあった。
resize32625.jpg

痩果は約1mm、倒卵形、柱頭は基部はやや膨れ、縁には棘状の突起がある。先端は3岐する。
resize32627.jpg

痩果の表面は平滑または小さな瘤状突起がある。これはルーぺでは見えていたのですが、残念ながらちゃんとした写真が出来ません。。
resize32626.jpg

もう一つ、昨日みた物ですが、葉を叢生しています。
resize32615.jpg

有花茎10~15cm。葉は半分位の長さ。小穂はだいぶ麟片が落ちたのが多い。
ヤリテンツキの類似種はヤマイやイソテンツキですが、ヤリテンツキだけ鱗片が二列生です。右の写真に、その二列につく鱗片が写っています。
resize32618.jpg

小穂より短い苞がついたのが有りました。
resize32638.jpg

こんな風に剥がれてしまうのが多く、麟片と果胞が一緒に剥がれたもで、柱頭の棘状の毛が良く見えます。
テンツキ類には果胞も刺針状花被片もなく、果実は鱗片の内側でむき出しになっている。
resize32620.jpg

沖縄にはこれに似たトモエバテンツキと言うのがあって、痩果は更に小さい様ですが、まだ詳細が分からず区別出来ていません。

:痩果の画像を追加します。表面に瘤状突起が見える。(2014.8.19 追加)
resize38432.jpg
スポンサーサイト



コメント

こんな時期にテンツキが…

 沖縄はカヤツリグサ科に季節なし、ですね。ヤリテンツキの類似種はヤマイやイソテンツキですが、ヤリテンツキだけ鱗片が二列生です。下から三段目右の写真に、その二列につく鱗片が写っています。もちろん痩果もヤリテンツキに一致しますから、問題ありません。
 トモエバテンツキというのは噂でしか知りませんが、一年草は環境の変化を受けやすいので、幸運に恵まれないと見られないのでしょうね。内地のイトテンツキやイトハナビテンツキも同様です(これらはハタガヤ属ですが)。トモエバテンツキの画像は
http://bie.ala.org.au/species/urn:lsid:biodiversity.org.au:apni.taxon:164107
などで見られます。根生葉が渦を巻いて巴状になります。海岸の岩場などに生える形態ですね。沖縄の絶滅寸前種ですからめったに見られないでしょうが、運よく出会えたらご報告ください。
 あ、それから、テンツキ類には果胞も刺針状花被片もありません。果実は鱗片の内側でむき出しになっています。解説文中の果胞を削除しておいてください。

>みっちゃん先生

 ヤリテンツキは麟片が2列生。。下から3番目の画像はなんでこうなるのか分からず載せていました。
そしてテンツキ類には果胞も刺針状花被片もないという事、図鑑を見て、読んでいたはずなのにどちらも気が付いていませんでした。

 それからトモエバテンツキの情報、有難うございます。根生葉が渦を巻いて巴状、この画像を見れは判りやすいですね。
沖縄でもめったにないかも知れなくても頭に入れておきたいと思います。
何時もですがとても勉強になりました。ブログの文章は早速訂正しておきます。テンツキ属はこれで2個目、うれしいです。

追伸

 書き忘れましたが、中国植物誌ではfimbristyloides種の記載は「spikelet solitary(花穂は単生)」となっています。オーストラリアのものでは花序枝が発達して花穂がたくさんついていましたが、沖縄のものではヤリテンツキのように普通は一個なのでしょう。
 オーストラリアのものと同種か別変種か、変異がわからないので、私も判断できません。カヤツリグサ科の一般論でいえば、こうまで違うと変種以上のレベルなのでしょうが…。

おはよう!

こまさん、カヤツリさん達が順調に進んでますね、
いいなぁ、長崎も早く春にならないかなぁ・・・
イネ科が少し顔を出してきました。スズメノテッポウ、スズメノカタビラみたいなの。まだ「みたいなの」としか言えないから、今年は断言できるようにならなくちゃ。待っててね、もうすぐ私もカヤツリさんとイネちゃんを調べはじめます。まだまだ沖縄真っ只中です。

そうそう、みっちゃん先生からアカボシさんのコメントをもらいました。

>みっちゃん先生

 今、琉球植物誌のトモエバテンツキの説明を読んでみたら、「花序は少数の穂状花序からなりやや単一で枝は少数。。」とありました。紹介して頂いたオーストラリアのものは多数ありますね。
イメージはヤリテンツキ風で葉の出方が渦をまいた様な感じと頭に描いて岩場に行ったら探してみたいです。

 pandaちゃんのブログでタツナミソウ属の分類のコメントを読ませて頂きました。リュウキュウと名の付くタツナミソウが早く発表されたら良いなと思います。

>pandaちゃん

 長崎の春はあと一カ月位先なのかな、もうすぐですね。
イネ科はちゃんとした図鑑を持っていなくて、名前を調べるのに苦労しています。野山にいっぱいあってもまだすべて手探り状態、やっぱり買おうかどうしようか迷っています。
それで、スズメノカタビラっぽいの、私も先日写してきました。
ダメモトでやってみようかな。。 見てみてね。

 オキナワ真っ最中、楽しみに拝見しています。私の方が勉強になっていますよ~。ありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索