私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ナガバノイタチシダ(沖縄本島)

オシダ科 オシダ属
先月は良く分からないままに八重山諸島でナガバノイタチシダに遭遇してしまったけれど、これは今月やんばるの山中で、しかも時々通る所にありました。
う~~ん今までなんで気が付かなかったのだろう。。 おさらいしながらもう一度アップしてみます。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-1

美しい葉身。この前見たのより側羽片の間隔が広くすっきりしていて、先は尾状に鋭く尖る。下から3番目までは対生で付いていて、リュウウキュウイタチシダもこんな感じだったけど最下羽片の様子が違う。最下羽片は下側が大きく、第一小羽片が一番大きい。小羽片の鋸歯の先が尖るのも確認しました。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-2

ソーラスは葉全体に付き、中間型で円腎形。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-3

麟片はほとんど残らずツルツル。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-5

根茎は短く直立から斜上。淡褐色の広披針形の麟片がつく。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-6

葉柄の麟片も根茎と同様だがやや小さい。麟片の中心部の色がやや濃い。
ナガバノイタチシダ2014.2.1-7
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

こまさん、沖縄にはリュウキュウイタチシダ、イヌタマシダなどナガバノイタチシダとよく似たのがあるのですね・・・ベニシダは種類が少ないと思ったけれど、こんなところに落とし穴が! 図鑑の写真を見比べて違いがはっきりわかりません。こまさんが前にナガバノイタチシダを迷っていた訳がわかりました。
今度沖縄に行ったときは、その違いを見比べてみたいです。

>pandaちゃん

イタチシダの仲間とベニシダの仲間どっちも分かっていませんでした。まだまだ攻略は出来てはいないけど、今までに分かったものでも、細かい所を再度見ておかないとだめだなぁ~と思いました。
以前にリュウキュウイタチシダと教えて貰ったもの(西表で)は羽片は対生でしたが、最下羽片の下側の第一小羽片がそんなに大きくなく、ハの字型に大きく開いていて、イヌタマシダに似ていた様に思います。だからやっぱりナガバノイタチシダで良いのではないかと思ったのですが。。
今度ゆっくり見比べましょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索