私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シオカゼテンツキ

海岸の砂浜でみたカヤツリグサ科の植物。昨日は海辺で風速10mもあって、揺れすぎて、ゆっくり撮れないから諦めていたけど、少しだけ貰って家で分解してみたら、海辺に生えるシオカゼテンツキではないかと思いました。有花茎は一番高いのでも15cm位で葉はそれより短い。
resize31561_2014011610054182f.jpg
葉は線状。長さは4~6cm。幅は1~2mm。辺縁はざらつきがあり少し内側に曲がっています。葉鞘部は繊維状になり褐色~黒色。
resize31620.jpg

根はだいぶ長かった。砂浜に生えていたからかな。
resize31622.jpg

花序。頂生し多数の小穂を付ける。
resize31562.jpg

小穂は褐色で長さは5~6mm。麟片も褐色。
resize31563.jpg

痩果は黒褐色で1mm弱です。
resize31566_20140116104117318.jpg

2岐する柱頭はすぐ外れて見えなかったが、白い背景だとわかりました。
resize31569_201401161041169d4.jpg

別名をシバテンツキ。これは昨年海辺近くの公園の芝生の中に生えていましたけど、これも同じではないかなと思いますが。
resize31624.jpg

わりと良くみかけるかやつりさんです。
resize31623.jpg

追加2014.10.30
resize41372.jpg
スポンサーサイト

コメント

合っていると思います

 痩果や全体の姿から、シオカゼテンツキで良いと思います。似ているものはビロードテンツキですが、写真のものでは鱗片に白い密毛はなく、花序にも枝が発達しています。ビロードテンツキの花序は、小穂が普通は単純な頭状に集まります。
 写真で拝見すると、小穂は長卵形ですね。記述で「卵形」という表現に出会うことがありますが、シオカゼテンツキの鱗片は乾くと少し開くので、卵形に見えるのでしょう。つまり、写真のものが自然な姿なんでしょうね。私も勉強になります。

>みっちゃん先生

 シオカゼテンツキで良かったですか♪ あ~嬉しいです!
昨日見つけて、早いうちにと昨晩は何度もルーペで見ていました。時間が経つと葉も丸まったりして、小さくなると思ったのですが、小穂は乾燥して開く事があるんですね。
テンツキ属は沖縄にも17種かな、結構あるのにこれがやっと初めての攻略です。他にも気になっているテンツキの仲間もあるので、これを手掛かりにやってみたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索