私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イヌフトイかな。。⇒イヌフトイ

カヤツリグサ科 ホタルイ属
車の外に目に飛び込んできた景色に思わず(あ、カヤツリグサ科だ!)と声がでてしまいました。
フトイか、イヌフトイか。。とにかく見事な群落だったので、車を止めてもらって写して来ました。湿地に生える大型の多年草で高さは150cm前後。
resize31277.jpg
有花茎は緑色で円形、花序より短い、又は長い苞が一枚付いています。花序枝は1~数本で、枝先に数個の小穂をつける。
resize31284.jpg

小穂の長さは1cm弱。赤褐色。
resize31285.jpg

水の中に入れなかったので、根茎の様子が分かりませんでしたが、茎が列をなしている様にも見えます。(フトイは横走する、イヌフトイは根茎は短く疎らに束生と図鑑にあります)
resize31286.jpg

有花茎の断面。
resize31282.jpg

基部の鞘は繊維質。
resize31287.jpg

痩果は栗褐色。イヌフトイは刺針状花被片がやや羽毛状となる。この画像でイヌフトイかなと思ったのですが大丈夫かな。
resize31280.jpg

右側の麟片は薄膜質、先端がやや凸端となる。麟片の上部には毛は見えませんでした。
resize31281.jpg

(追加)
疎に束生し、根茎は短い。
resize31288.jpg

小穂の長さは約1cm。幅は2mm。(柱頭は2岐と思いますが明確な画像がありません)
resize31289.jpg

麟片は長楕円状卵形~楕円形、長さ3mm程度、やや船形、薄膜質、先端は尖る。
resize31290.jpg

痩果は 長さ2.2mm、幅1mm。
resize31291.jpg
スポンサーサイト

コメント

これは驚き!

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 痩果の画像を拝見すると、刺針状花披片は「やや羽毛状」というよりも「明らかに羽毛状」ですね。あと、あくまで印象なのですが、こちらで見られるフトイ、オオフトイ、塩性湿地の小型フトイと比べると小穂が細く感じられます。
 イヌフトイの実物は見たことがありませんが、ほぼイヌフトイとしてもよいのではないかと思います。これまでweb上はおろか図鑑でもまともな情報がなかったので、このページは画期的なものになると思います。熟した痩果の大まかな長さを付け加えられたら、現時点での決定版になると思います。
 こまつなさんがこんなに簡単に詳細不明の珍品を発見されるなんて、いや~、参りました!
 これは無理をしても見に行かなきゃ、って感じでテンション上がってます。

世界初の公開画像?

 マツモムシさんのコメントにあるように、これはイヌフトイとしては世界初の公開画像でしょう。母種のlittoralisにしても、http://coste.flora-electronica.com/menus/129-Cyperacees/Scirpus%20littoralis%201.html にイラストがあるくらいです。鱗片の先端部がどうなっているのか、尖り具合を上方から写せれば言うことなしですね。
 環境省指定の絶滅危惧種で、沖縄の絶滅寸前種です。このページは後世に残る必見のものになるでしょう。

>マツモムシさん

 マツモムシさん、明けましておめでとうございます。
昨年中は特にカヤツリグサ科、イネ科等アドバイスを有難うございました。
所で。。 今コメントを読ませて頂いて、私の方が更にビックリ!おろおろしています(´。`;) 貴重種とは聞きましたが、他に参考になる画像がなかったので、昨日はマツモムシさんのフトイを参考に見比べて相違点をあれこれ考えていました。小穂は長さ約1cm、幅は2mmです。痩果のサイズも含めてあとで画像を追加しておきます。
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。

>みっちゃん先生

みっちゃん先生、おはようございます。
母種のlittoralisのイラストを拝見しました。葉鞘の基部を見たら根茎はやはり葡蔔根がないですね、それから有花茎の断面図が三角形になっている様なので、小穂は少し貰って来ているので麟片の先端の様子も一緒に、また観察してみようと思っています。麟片に毛がないのも気になっていましたが、イラストと同じなのでこれでいいのかなと思いました。
あ~ まだドキドキしています。

""ハ(^◇^*)パチパチ♪

こまさん、こんにちは。
すごいね~♪ こんなことがあると、もうカヤツリグサ科がやめられなくなっちゃちゃうね。ビギナーズラックってこんなこと?でも、こまさんの場合、カヤツリグサに限らず、いろんな分野で珍しいものがいっぱい。なんだか私までうれしいな、頑張ろうね~♪

>Pandaちゃん

有り難う♪新年そうそうにカヤツリさんのいいスタートになりました。ここの湿地に連れて行って下さったY先生のお蔭なんですよ。あれこれ写した中で、最初にこれが分かりやすいかなと簡単にチョイスしたので、今朝は焦りました^^;
今年も一緒に頑張ろうねー。

ごくろうさまでした

 新しい画像が加わり、値打が上がりましたね。鱗片の形もよくわかります。多少毛があるように見えるのですが、これはバックのものの繊維?

>みっちゃん先生

さっそく有難うございます。麟片はもう一度ルーペで覗いてみましたが、光に透かしてみると、丸い甲羅の様な部分には毛と言うのは見られませんでしたが、先端の棘の周りや麟片の縁はわずかに疎らな鋸歯縁になっていました。薄い膜が破られて糸を引いた様な感じです。
もっとクリアな画像があればいいのですが、精密な顕微鏡で見てはいないので、難しいです。画面左側の白っぽい糸状のは背景の紙のせいだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索