FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオオキナワキジノオ

オシダ科 ヘツカシダ属

オキナワキジノオとヘツカシダの交雑シダです。
何度か通った山の沢の小さい岩上にあるのを教えてもらいました。気にして探したりはしていたつもりでしたが、通り過ぎていた様です。この写真の右側の小さめのがオキナキジノオでもう胞子葉も上がっています。左側の大きめの葉のが本種です。艶があり綺麗なシダでした。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-1
葉身はヘツカシダににています。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-6

でもヘツカシダの様な頂羽片は発達していない。決定的と思える証拠に先端から無性芽が出来ていました。(見えにくいのでまた撮り直します)
オオオキナワキジノオ2013.11.24-3

羽片は長楕円状披針形、辺縁が中肋まで2/3の所まで切れむ鈍鋸歯縁。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-2

羽軸には少なめの翼があります。羽片の基部は広いクサビ型~やや切型。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-4

これは別な所で見た物ですが、まだ若い株でした。これからまだ大きく成長してから胞子葉は上がると思われるので、この先も楽しみにしておきたいと思います。
オオオキナワキジノオ2013.11.24-5

周りにはオキナワキジノオとヘツカシダがあり、この環境の沢は他にもあるのでまだ探せる様な気がします。今度は自分で見つけたいです。
スポンサーサイト



コメント

あれっ、まだアップしてなかったの?と言うのが、正直な印象。両親二種の混生地ではやや稀程度で見つかるものですが、ヘツカシダ似なので見過ごすこともあります。
 オキナワキジノオは、以前はヘツカシダやオオヘツカシダとは別属になっていました。この二つでは葉脈が結合しますが、オキナワキジノオでは遊離。(ただし現在では、オオヘツカシダの種内分類群に葉脈分離のものが知られています。フィリッピンから記載されたEdanyoa difformis です。最近アクアリウムでの人気種です)。
 葉脈結合の有無は、イワガネソウとイワガネゼンマイ、アミシダとミゾシダの例でも分かる通り、系統を示すとは言えないので、現在この二種は同属です。雑種では葉脈の結合が少しになります。写せるものなら、写しておくほうがおくほうがよいと思います。
 オオヘツカシダとオキナワキジノオにも雑種があるはずですが、両種の分布が重なる八重山でも私は見たことがありません。気をつけると面白いかも。
 逆にアオネカズラ類とエゾデンダ類は、葉脈の結合を問題にしないで同属にされていました。これが分離別属になったのは、DNA分析によってこの二群は「他人のそら似」であることがわかったからです。

>みっちゃん先生

こんばんは!講演お疲れ様でした。
 両親が一緒の場所は結構あるのにこれはまだで、見過ごしていました。今度行った時は両親と本種の葉脈の様子を見比べて来ます。先日みたウラゲイワガネは葉脈の違いや有毛か無毛かでそれぞれ名前が違っていたので、大切な見分けのポイントだなと思いましたので、気をつけたいと思います。沖縄本島ではオオヘツカシダがないので石垣や、西表に行った時には探してみたいです。
アオネカズラもエゾデンダもまだ見ていないので、そら似具合を見てみたい所です。。
我が家のアオネカズラは隙間にミズゴケを入れたので大分元気になって来ましたが、まだ葉は見ていません。根は成長している様に思います。

いじわるにも使われます

 どの世界にもいじわるな人はいるもので、オサバグサ(開花していないもの)の標本を見せて、「これは何というシダですか?」と聞かれたことがあります。もちろん序の口で、ただ笑って返すだけですが。
 しかし、小笠原にあるムニンヘツカシダは外見がオオオキナワキジノオとよく似ており、産地を隠して示されると、騙されることがあるほど。葉脈の結合具合で識別できますが、普段から見る習慣をつけていないといけない一例です。もっとも、沖縄にムニンヘツカシダがあることはまずないでしょうが。
 講演はコモンズ(沖縄のユイマールみたいなもの)と生物多様性にかかわる社会学で行いました。これは境界領域なので研究者が少なく、100人ほどいた聴衆も、ほとんど社会学系の人でした。厳しい質問もなく、ほっとしています。

>みっちゃん先生

今京都大学のポスターを拝見する事が出来たのですが、バナナ、パパイヤの生える田んばの写真がありました。みっちゃん先生の講演は面白く興味深い内容ではなかったかと、想像しています。

ムニンヘツカシダ、図鑑でみても、画像を検索してみても、どれもオオオキナワキジノオをそっくりに見えました。よ~く細かい所を見ないと比べても分からなさそうです。実際に見る機会は無いかも知れないけど、ヘツカシダ属の葉脈を分かる範囲で把握しておきたいです。
それからオサバグサ、どこかで見たなぁと思いだしたら、昨年volさんと登った八ヶ岳でした。改めて写真を見たら、確かに花がなかったら私は騙されていたかも知れません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索