私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タマハリイ

カヤツリグサ科 ハリイ属
田んぼの水が溜まった所に僅かに生えていました。
有花茎を叢生し、下部は水に浸かっています。高さは30~40cm程度。この写真で分かる様に他の植物の葉か茎に流れを止められて、何株かの 有花茎が固まった状態になっています。
resize29873.jpg
ハリイ属は沖縄に10種類ある様で良く似たのにハリイ、オオハリイがあり、気になる所ではありますが。。
resize29871.jpg

これは隣にあった別な株。
resize29874.jpg

頂生する花穂は単生で卵状球形、長卵状球形、鈍円頭。銹褐色。
resize29879.jpg

稈は細く、淡緑色。少数の縦条がある。
resize29882.jpg

草丈は30~40cm。葉は退化して葉鞘が残る。最下の葉鞘は3cm程度。
resize29883.jpg

小穂を見たかったけど、うまく分解出来ず、ポロポロと落ちて来たのは黒い色の痩果(果実)。
刺針状花被片は痩果よりもやや長く逆向きにざらつく、とありますがざらつきまではコンデジでは写せませんでした。タマハリイで合っています様に。。( -人-)( ーノー)o ⇒  タマハリイでOK \(^ ^)/
resize29887.jpg
柱頭は二岐する。(画像も追加しました)
resize29909.jpg
スポンサーサイト

コメント

これだから沖縄のハリイはタマらない!

 魅力的な美しい種類ですね。まちがえるものがあるとすればセイタカハリイくらいでしょう。しかし柱基は小さく、痩果が黒色に熟すところをみれば、セイタカハリイではありえません。
 内地で出版された本では、有花茎の条線が書かれていなかったり、痩果に光沢はないと書かれていたり。乾燥標本では見づらかったり、古い標本で光沢が失われたりするのでしょうか。
 柱頭が二岐しているのが、写真でも確認できますね。書いておかれるほうがよいのでは?

>みっちゃん先生

こんばんは~
痩果の色が黒かったので大丈夫かなと思いつつも、一人で決めるのは心配だったので、ホッとしました。
痩果にまだ柱頭が残っている画像が他にもあったので追加しました。
マツモムシさんの所でセイタカハリイを拝見して来ましたが、あちらは三岐でした。pandaちゃんの所のハリイ属も見せて頂いて、イメージが付いた気がするので、他のも探したいと思います。
湿地の植物がかなり楽しくなって来ました♪

  あ、それから、上のほうの説明で「何株かの葉が固まった状態」とありますが、直立しているのは茎(有花茎)です。
 カヤツリグサ科で硬い直立する葉をもつものは、アンペライなど少数にすぎないことを覚えておかれると良いでしょう。

>みっちゃん先生

あ、茎(有花茎)ですか。自分で葉は退化して葉鞘が残ると書いておきながら・・・ 
アンペライの特徴もメモしました。有難うございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索