FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒナヨシ

イネ科 ダンチク属

西表の山地の渓流や滝などの岩から垂れ下がっています。長さが50~100cmと大型ですが、高い岩から下がっている様子はそれよりも大きく見えます。
ヒナヨシ2013.10.29-1

葉は線形で先は鋭く尖る。稈は木質状で硬い。
ヒナヨシ2013.10.29-2

葉の色が薄緑色で綺麗です。図鑑では粉緑色と表現されていました。
ヒナヨシ2013.10.29-6

葉に主脈は無く、両面とも無毛。辺縁には小さい鋸歯がありました。
葉鞘は口部と共に無毛。 葉舌は2mm。(見えていませんが)
ヒナヨシ2013.10.29-3

小穂は披針形。
ヒナヨシ2013.10.29-4

花が咲いていました。詳細が見えにくいので大きめの画像を入れました。(クリックして下さい)
ヒナヨシ2013.10.29-5
スポンサーサイト



コメント

ヒナヨシ

今長崎ではダンチクが花盛りです。でもほんとにダンチク?なんだかちょっと違うみたい・・・なんてイネ科も難しいですね。そちらにはヒナヨシなんてあるのですね。クサヨシ、ツルヨシ・・・ああもうダメだ~ (^_^;)ゞ 
まだまだ先は長いようです・・・

ダンチクとヒナヨシ

 ダンチクは私の故郷四国の岩がちの海岸に多く、探索のときなど通行の邪魔になる困りもの。「たくましいなぁ」と子供のころから思っていました。京都では自生はありませんが、斑入りのものが栽培されています。
 ヒナヨシは西表で何度も見ましたが、とくに気に留めませんでした。大きさはともかく、姿は(ダンチクより)可憐ですね。考えてみれば内地のフウチソウ(ウラハグサ)やヒメノガリヤスなどと同じ生態的地位を占めているようで、面白いことです。それにしても、ダンチクの妹分だけあって、たくましいこと!

ひとつ質問

 二枚目の写真を拝見して気づいたのですが、ヒナヨシも葉裏を表側にしているのですか? フウチソウやヒメノガリヤスでは、葉裏が表側です。そうだとすると、何なんでしょうね。気孔はふつう葉裏にあり、それが濡れて乾きにくいと呼吸ができませんから窒息するのでしょうか?

>pandaちゃん、

もう、こんばんは~ かな。
沖縄のダンチク属は4種類記録がありますが、ヒナヨシだけは西表だけの様なので、あまり気にせず載せました。
クサヨシ、ツルヨシ、ヒナヨ~シ。。なんて続けて言うと点検作業みたいだな^^
カヤツリもイネ科も面白い名前が付くものですね。でもかえってまとめて覚えやすいかも。
どちらもシダよりも難しい気がするけど、もうマイペースでゆっくりやるしかないよね。

>みっちゃん先生

みっちゃん先生、こんばんは~ 
大きい岩から群生し垂れ下がっているのをみたら、とにかくパステルカラー風な色あいが綺麗だなと思っていました。
葉裏を表側に。。気が付きませんでした。それで撮った画像を全部拡大してみたら、どれも葉身が稈を抱いている側がそのまま表側になっています。これがウラハラという事なんですよね。
図鑑にはその記載はなかったですが、どこかでねじれる様になっているのかなぁ。。 窒息している様な感じは無い様に思いましたので、なにか工夫しているのではないかと思いますが、どうも良く分かりません。詳しい方がいらっしゃると良いのですが。

水しぶきがかかる所で生きるため?

 葉裏が表になるイネ科植物は陸地に生えるものもあって、一概には言えないかもしれませんが、滝のように水しぶきがかかるところでは、葉裏(気孔のあるほう)が濡れるとなかなか乾きませんよね? すると、気孔が濡れて呼吸ができない。葉裏を表側にすると、日光ですぐに乾く。そのため? ちなみにヨシは、水面下で茎を切ると、呼吸ができずに枯死します。

こまさん、みっちゃん先生へ・・・

クサヨシ、ツルヨシ、ヒナヨ~シ!には笑ってしまいました。
こまさんナイス!

それから、ウラハラで思い出しました。ヒメノガリヤス・・・じゃないみたいだけど、その仲間かも。。。今から調べてみます。わからなかったイネ科、こんなところでヒントを拾っちゃった、ありがとうございます。

>みっちゃん先生

あ~~なるほど、滝の水しぶきがかかる所に青々とした姿でいられる為には、そういう工夫があったのですね。
水の中でも平気で生きられると思っていました。デリケートというか、賢いというか、水と共にうまく生き残っていくための知恵には感心します。
頭がだいぶスッキリして来ました。どうも有難うございました。

>pandaちゃん

写した中にヒメノガリヤスの仲間らしき物がありましたか。
なんだろ~~ 楽しみにしています。
私も今日は2種類カヤツリグサ科を写して来ましたが、まだまだ名前が見つかりそうにありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索