FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イガガヤツリ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

林縁の草地に生えていました。幾何学的な姿がすっきりとして良い感じです。高さは20~50cm位。
イガガヤツリ2013.9.22-1

花序は普通茎頂に単一とありますが、これは更に花序枝を伸ばしていて、苞葉は7枚あった。
イガガヤツリ2013.9.22-2

下から覗いてみれば花序には短くても枝?がある。
イガガヤツリ2013.9.22-3

稈は束生し、葉は稈より短く、葉鞘は暗褐色及び血赤色。
イガガヤツリ2013.9.22-4

花序と小穂。
イガガヤツリ2013.9.22-5

痩果には2本の花柱がある。柱頭は二岐する。
イガガヤツリ2013.9.22-5
スポンサーサイト



コメント

イガガヤツリ

 似たものが多いカヤツリグサ科のなかで、イガガヤツリやイガクサはわかりやすいものの代表ですね。じつはpandaちゃんも狙っていると聞いています。こまさんが先手をうった感じです。
 海岸近くにやや稀に見られる植物ですが、京都では少なく、絶滅寸前種になっています。私も二三年自宅で栽培したことがあります。
 表現上のことですが、花柱というのは子房の延長にある棒状の部分。普通は一果実に一個です。複数ある場合は、果実は集合果になります(ヤマボウシなど)。カヤツリグサ科では集合果にならないので、「(花柱の先端部である)柱頭は二岐する」という表現が正しいと思います。

>みっちゃん先生

こちらでは海岸近くというより林縁の草地でも見られます。
よくあると思っていましたが、京都では少ないのですね~。
沖縄では気候のせいで年中草が生い茂るので、その処理に困るほどです。平地の路や、国道、県道の分離帯にまであっと言う間に茂ります。雑草の勉強にはいいけれど、景観的には大変です。

ご指摘頂いた各部分の表現の誤り、基本的な所がまだ分かっていなくて、また間違いました。復習し直して訂正致します。何時も有難うございます。

しくしく (┯_┯)

こまさん、こんばんは
先を越されちゃった。。。最近外に出てばかりなのと、シダもカヤツリグサも肝心の写真がたりないのとで、調べるのに時間がかかっています。
こまさんのイガガヤツリはきれいですね。私のはどろんこでした。水が引いたばかりだったのかなぁ、とにかくすべてがどろんこだった。頑張らなくちゃ (^O^)/

>pandaちゃん

こんんばんは~ シダも時間がかかるけどカヤツリグサもそうですね。私も一度撮って調べたら肝心なとこが写って無くて。。それで又行って、とこんな調子です。 半端なのはいくつもあるけど、少しずつ画像を足して消化して行きます。
pandaちゃんの所のイガガヤツリは湿地だったのですね。こちらはやんばるの林縁でした。結構範囲が広いんだね。
お出かけ先の秋の花、楽しく拝見させて貰っていますよ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索