FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホウビシダ

今年の2月に見つけたシダでナンゴクホウビシダとタイワンホウビシダの中間を行ってる様な姿で、どうかなと、又3月に行って、横に這う根茎の様子を見てからホウビシダではないかと思いました。(。。と言いながら半年以上もフォルダを眺めていた)
上から水が落ちて来るような、渓流の水近くの大きな岩上を這っていました。
resize28216.jpg

こうしてみるとタイワンホウビシダに似ているけど、タイワンは岩の間の泥が溜まった所、これは土のない岩上です。
resize28214.jpg

羽片は丸みのある四辺形、基部は前側で切り形か、やや耳型形、後ろ側は基部側半分位が欠落。
resize28215.jpg

別な葉を真上から見た姿。羽片はやや鎌状だが、ナンゴク程ではない。
resize28224.jpg

ソーラスは線形で、辺縁と中肋の中間につく。
resize28228.jpg

別な葉の羽片。
resize28218.jpg

3月になって葉が落ちた後の這う根茎を見ました。
resize28220.jpg

背側に約1cmの間隔で2列に並んだ葉をつけると図鑑にあったので測ってみたら丁度1cmおきに節がありました。画面下の方に1対の様な葉が残っています。
resize28222.jpg
スポンサーサイト



コメント

ホウビシダ

 たしかにこれはナンゴクホウビシダにしてはおかしいですね。ソーラスも外寄りとはいえず、生態的にもホウビシダと一致します。
 ホウビシダは沖縄県からも報告されており、このようなタイプがそれにあたるのでしょう。無責任ないい方のようですが、タイワンホウビシダ、ナンゴクホウビシダ、ウスイロホウビシダ、ホウビシダ、ラハオシダのホウビシダ類5種のうち、沖縄県ではホウビシダが最も判断が難しい種類かもしれません。ともあれ、沖縄県では稀だと思います。

>みっちゃん先生

pandaちゃんのホウビシダを見せて頂いて、完全に一致という自信がなかったのですが、環境とかソーラスの位置もいいかなと思ってアップしてみました。
少しだけ離れた所にラハオシダはありましたが、タイワンは全く別の場所です。
ひとまずホウビシダにして置いて、この場所にはまた観察に行ってみたいと思います。長く悩んでいたけど、一応かたが付いて良かったです。みっちゃん先生、どうも有難うございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索