FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオヒメクグ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

以前の記憶のある場所へ行ってみました。
多分たくさんあったはず。。と思ったら草刈りされてまだ日が浅かった様でちょっと残念。
オオヒメクグ2013.9.25-1

稈の高さは10~40cm、他のクグの仲間よりはちょっとだけ高いのではないかと思います。苞の長さはそれぞれ違うと思いますが、若い時にカットされているので先が切れたままです。白い小穂が1個というのが分かりやすい。
オオヒメクグ2013.9.25-2

2007年の同じ場所です。
オオヒメクグ2007.11.3

葉は下部に2~3個、基部の鞘無葉、褐色。
オオヒメクグ2013.9.25-3

開花はすでに終わっていた様ですが、もう少し果実期の良い状態をみたいです。鱗片が分厚く竜骨に翼があるのが特徴とあるがまだ良くわかっていません。
オオヒメクグ2013.9.25-4

追加:(2014.8.26) 
麟片は長楕円形で先は尖り膜質、3mm、淡緑色で細脈がある。
痩果は長楕円形で長さは1~1.2mm
resize38934.jpg
スポンサーサイト



コメント

ほんとだ

 こんなに白いのですか。それが一番の特徴ですから、私なら「シロヒメクグ」と名前をつけるでしょうね。最後の写真なんか、ほれぼれです。オオ+ヒメの組み合わせはシダにもあるけれど(オオヒメワラビ)、言語的センスがおかしい…。
 京都にあるベニバナヤマシャクヤクはほとんど白花で、シロバナベニバナヤマシャクヤクという人もあるのですが、私はかたくなにシロムクベニバナヤマシャクヤクと呼んでいます。

>みっちゃん先生

ほんとですね、オオと言う程大きくないし。。
以前はヒメクグとどっちがどっちだかわからなくて、白い方がオオと覚えていました。シロヒメクグだと間違わずに覚えやすいかもです。
もう少し綺麗な群落の写真をお見せしたかったのですが、いつか花の綺麗な時に撮りたいです。
シロバナベニバナヤマシャクヤク、なんと早口言葉みたいな名前なんですね。シロムクだと花のイメージが浮かんで花を見た時感動も大きそうに思います。みっちゃん先生の命名は植物に対して愛情が感じられて良いなぁと思います。
オオヒメワラビはそういえば高尾山でみたシダでした。オオとヒメの組み合わせ、今気が付きました^^;

こまさん、台風の真っ只中ですね、大丈夫?

こまさん。こんにちは
台風情報を見ていたら、沖縄の真上でした。大丈夫ですか?
ヒメクグの白いのがオオヒメクグ、長崎にはなさそうですね、残念。
オオヒメクグはポンポンがひとつじゃなくて、小さいポンポンもついて可愛いね。・・・ああ、やっぱり「可愛い」という表現をするようになっちゃったみたい。

沖縄の植物達にも何ごともありませんように(。-人-。) 長崎も雨と風がふりだしました。

>Pandaちゃん

こんばんは。スミレやシダの鉢植えと一緒に暮らしてもう、三日目になりました。明日はもう大丈夫と思います。
沖縄本島中南部はそろそろ強風もなくなりました。
やんばるの方はどうかなと、気になる所です。
でも何故かインターネットが繋がらなくなって、今携帯からです。
九州は鹿児島が大変そうですね。Pandaちゃんも気を付けてくださいね。
>可愛い。。うんうん、わかるよ、ヒメとかつくと特にね^^
勿論シダもさがしながらだけど、新しい出会いは楽しいよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索