FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

リュウキュウハリギリ

ウコギ科 ハリギリ属
8月の初め頃やんばるの山中で見かけたリュウキュウハリギリ。
しばし見惚れてしまった。大きい樹幹の上の方で鮮やかな黄緑の葉が揺れていました。高さは10数mはあったと思います。
リュウキュウハリギ2013.8.11-1
黒褐色の樹幹には大きく裂けた様な皺があり、若い枝には棘が付いています。沖縄の方言名はダラギ、ヤマギリ等他にもあるようだ。
リュウキュウハリギリ2013.8.11-2

葉は掌状5~7~9裂、初め多毛だが後で無毛になる。基本種のハリギリには毛が多いと図鑑には書いてありましたが、見た事は無いです。
リュウキュウハリギ2013.8.11-3

幹は下の方で大きな1本となっていた。
リュウキュウハリギ2013.8.11-4

8月の前半にこの樹をみてから1月位経って別な所で花が咲いていると聞いたので行ってみました。効いて3日遅れだっのだけどすでに果実になっていました。肉眼では高くて見えないのでカメラで写して分かったのですが。
リュウキュウハリギリ2013.9.18-1
どこかに花は残っていないかな~と探したけれど無かった。
リュウキュウハリギリ2013.9.18-2
葉の縁には鋸歯があるみたいだ。
リュウキュウハリギリ2013.9.18-3
低い方の枝の葉が黄色くなっていました。この樹は落葉の高木。今頃はすでに葉もないのかな。来年は花に挑戦したいです。
リュウキュウハリギリ2013.9.18-4


スポンサーサイト



コメント

 たくさんあるのですか?

 ハリギリは温帯系の樹木で、京都では北山とよぶ京都市北部の山地で散見しますが、私の住んでいる府最南部では稀です。尾根道などで見つけると、うれしくなります。九州では鹿児島県で準絶滅危惧になっていますが、九州全体でも少ないのでしょうね(pandaちゃんの「なんじゃらほいの木」のひとつだった)。
 リュウキュウハリギリはハリギリと同種にされることもあるようですが、シマイワウチワなどとならんで、南西諸島に取り残された温帯系植物のひとつで、貴重なものですね。花の時期に歩いていないせいか、私は沖縄では見たことがありません。
 ミヤコダラと呼ぶのは、刺のない品種だと聞いたことがあります。このミヤコは、京都のことでしょうか。上品で(食用にも)採りやすいから? 京都人には(隠れた)刺が多いようにも思うのですが…。

>みっちゃん先生

そういえば2年前の今頃、pandaちゃんが長崎のハリギリを紹介してくれた事があって、花付きが良くて見事だったので、あの時沖縄のハリギリを探したいと思いました。その後山で側を何度も歩いているのに高さがありすぎのせいか、気が付いていませんでした。
「やんばる樹木観察図鑑」によると位置付けは普通になっているのでまだ探せそうです。もう少し低いのを探して花や棘のある枝見たい所です。
また沖縄の植物誌ではミヤコダラで掲載されていましたが若枝には棘がありましたよ。う~ん分からなくなってきました。
確かにタラの芽は上品な味ですよね。だから京都を連想しても不思議ではないと思いますよ^^  見えない棘は。。ちょっとミステリアスで、触ってみたい気もするし。。

リュウキュウハリギリと、ハリギリは葉の毛の少なさ(前者)と多さ(後者)で分けると書かれた文献もあります。

ハリギリの葉の毛を見たことがないので、沖縄のタイプがどうなのかわかりません。

何か情報があれば教えてください。

>akahgeさん

そうですね、県外のハリギリの葉を見たい所です。
もう落葉している所もあるかも知れませんが、
どなたか情報頂けると嬉しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索