私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

9月の花・林縁や草地で(1)

日曜日、またお誘いがあって行って来ました。今回は林縁を歩いたり、草地の植物など。

今年も草をかき分けダイサギソウが見つかりました。
ラン科 ミズトンボ属
ダイサギソウ2013.9.22-1

草にまぎれて咲いているので、かき分けて写しますが、草丈は7~80cmと大きいから草の無い所では目立って無くなってしまうので、隠れて咲いてもらって充分結構。
ダイサキソウ2013.9.22-2

勢いがあって元気が貰える花です。
ダイサキソウ2013.9.22-3

セイタカオオニシキソウ
トウダイグサ科 オオニシキソウ属
手前の細くて茎が赤いのがそうですが、
セイタカオオニシキソウ2013.9.22-1

何しろ写しにくい。。
セイタカオオニシキソウ2013.9.22-2

花は小型の白い花。葉は長楕円形で葉身の基部は主脈を中心に左右不対象。
この仲間で沖縄で見かけるのはシマニシキソウ、ハイニシキソウ、コニシキソウ等、他にもまだまだたくさんあります。
セイタカオオニシキソウ2013.9.22-3

シマサルナシ マタタビ科マタタビ属
花も綺麗なのですが、いつもこの果実の時に写してしまう。
シマサルナシ2013.9.22
花の写真はこちらです。↓(2008.4.27)
サルナシ08.4.27


ハシカンボク ノボタン科 
今は林縁ではこれが一番目立ちます。白っぽいタイプの花がありました。
ハシカンボク2013.9.22

みんなが少しの間山に入っている時に、私は一人で林道をぶらぶらと。。
ナス科の花が咲いていました。イヌホウズキみたいです。
ナス科 ナス属。別名をバカナスとか(ウイキベディア)なんで此処までいわれなければいけないのかね~。
イヌホウズキ2013.9.22-1

ホウズキといえどもナス属のこの草にはソラニン(ジャガイモの芽等にも含まれる)という毒になる成分が入っているので、決して食べてはいけないのだ。
イヌホウズキ2013.9.22-2

葉は卵形~長卵形。葉柄には葉の基部から流れる翼があり、茎、葉柄、葉にも微毛があります
イヌホウズキ2013.9.22-4

茎には稜があって4稜とばっかり思っていましたが、図鑑には3稜と書いてありました。見間違えたのかな、未確認です。果実は黒く熟してここには7個。
イヌホウズキ2013.9.22-3
他によく似たアメリカイヌホウズキがあるので、種子の数とか数えなければ確実とは言えないかも知れません。
此処に来て時間がかかってしまいました。続きは次回にします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索