私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒメカナワラビ

オシダ科 イノデ属

別名をキヨズミシダと言うのですね。今までのイノデ属と比べると小さめだし、細くて艶がありシャープな感じがするので、カナワラビの仲間の様にも思えました。山の水のある所の近くで、岩の周辺で見ました。
ヒメカナワラビ2013.5.17-1

葉身は2回羽状複生で披針形、羽片は線状披針形、短い柄があります。先端に向けてしだいに狭くなる。
ヒメカナワラビ2013.5.17-2

羽片の基部は前側に耳状突起があり、後ろ側はくさび形。基部が最も幅広い。中軸の黒っぽい麟片が見えているでしょうか。なにより光沢があって綺麗(pandaちゃんの所で勉強して来ました)
ヒメカナワラビ2013.5.17-3

葉柄基部の麟片は濡れていて暗いので、フラっシュを使って写しました。黒い麟片が見えていると思いますが。濡れていて形が分かりません。
ヒメカナワラビ2013.5.17-4

ソーラスはやや中肋寄り。つく場所に順番があるみたいですが、ここではよく確認できていません。
ヒメカナワラビ2013.5.17-5
スポンサーサイト

コメント

ヒメカナワラビ

 理想的な形のヒメカナワラビですね、スリムで切れ込みにもメリハリがあり、お手本にしたいような。
 オオキヨズミシダのソーラスが葉頂からつきはじめるのに対して、ヒメカナワラビではふつう最下羽片の基部からつきはじめます。ヌカイタチシダやリョウメンシダと同じです。ただ、全面についたものでは、もちろん判別できません。
 「イノデ属なのに××カナワラビなんて名前をつけやがって。責任者出てこい!」と言いたいところですが、葉質はカナワラビのものに似ており、カツモウイノデよりはマシなネーミング。最近のDNA分析による系統判定ではイノデ属のものではないという結果が出ており、独立属になる可能性があります。オニイノデ・オオキヨズミシダと同類で、無融合生殖種。一般のイノデ類との間に雑種はまったく知られていません。

>みっちゃん先生

多分5月の後半ならソーラスはきっとまだ全面に付かないのもあったのかも知れません。予備知識がなかったので、これは他のイノデ類と見た目が違うしどうにか写ればすぐ分かるだろう位の単純な考え方でした(反省)
でも好きなタイプのシダだし、忘れない様にメモします。
オオキヨズミシダとの違いはpandaちゃんの所で拝見、近くにあったのか分かりませんが、いつか両方を見比べられたらうれしいなと思います。

>独立属になる可能性があります。
こちらもこれからの経緯が楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索