私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ドウリョウイノデ

イノデアイアスカイノデの交雑種です。

葉は大きくてとても立派でした。親のイノデを超えた大きさだった様に思います。
ドウリョウイノデ2013.5.17-1

立ちあがる姿はアイアスカ譲りでしょうか。艶があるのは両親ともですね。
ドウリョウイノデ2013.5.17-2

葉柄基部の麟片は褐色ですが、下の方は暗褐色が混じっています。(アイアスカの性質)
ドウリョウイノデ2013.5.17-3

根茎に近い所の麟片も暗褐色で辺縁には鋸歯が見えない様ですが(アイアスカの性質)
ドウリョウイノデ2013.5.17-4

中軸の麟片は細くなり、毛状(両親) ソーラスは中間型(イノデの性質)
ドウリョウイノデ2013.5.17-5

古い葉のソーラス(雑種の性質)
ドウリョウイノデ2013.5.17-6

ここには何株かまとまっていて見事でした。
ドウリョウイノデ2013.5.17-7
スポンサーサイト

コメント

降参!

イノデを・・・おぼえようとメモしていたけれど、こりゃ本物を見ないとわかりません。頭の中はすでにゴチャゴチャ。こまさんのまとめは、きっと後から参考になる思います。丁寧にまとめてもらえてホントにありがとう!感謝!(^.^)>

ドウリョウイノデ

 文句なし。あるところには普通にある雑種ですが、イノデとアイアスカが混生していても、なぜか見つからないところもあります。この雑種は胞子が多量に作られます。多くは不定形ですが、中には発芽するものもあるのかもしれません(確かめようとして、あっという間にン十年…)。
 イノデの雑種の名前には地名がつくものが多く、アカメ、オンガタ、ミツイシ、キヨスミ、ハコネ、ハタジュク、ナメラなどみんなそうです。ドウリョウも道了山だったと記憶しています。

>pandaちゃん

イノデ属の組み合わせはいったいどの位あるのか、まるで迷宮入りのパズルの様な気がします。とにかく見たものから整理して、それでもまだちゃんと頭に入ったかというと、自信はないです。
まとめた物を持ち歩いてその都度引きだそうと思っています。
みっちゃん先生のコメントも含めて、大切にしようと思っています。
といってもね~ 沖縄にはイノデ属がないので。。。
また行きたくなってしまいますよ~~

>みっちゃん先生

道了山を調べたら愛知県にありました。植物に地名が付くと現地の人も、訪れる人にとっても特別な気がしてきますね~。
ハタジュクもそうでしたか。実はこの次はハタジュクと聞いたイノデの予定だったのですが、なんとソーラスを撮り忘れていました。ほんとに大不覚。。。でがかっりしている所です。
また今度行った時にちゃんと撮ってきますので、これも宿題にします。
イノデの交雑種はこれだけですが、まだ一つイノデ属が残っていました。次はこれにします。あしたは久しぶりのやんばるなので、楽しみです。

道了山

 「道了山」という地名は、あちこちにあるようです。「道了尊」という言葉もあるようですから、仏教関係では有名なのかな? よく知りませんが。ドウリョウイノデの道了山は、箱根の近くです。
 ハタジュクイノデの写真なら、ソーラスがなくても値打がありますよ。希少な雑種ですから。でも写真での判別はラクではありませんけど。

>みっちゃん先生

こんばんは~。今日はひさしぶりにやんばるを歩いて来ました。
暑かったのでゆっくりぺースで歩き、夕方まで遊んで来ました。
真夏はシダも成長して、春や冬と全然違って大きくなったり、個体数も増えていたり、山道も狭くなっていましたよ。

>ドウリョウイノデの道了山は、箱根の近くです。
そうだったのですか、早とちりしていました。。
あと、ハタジュクイノデ、一応明日載せてみます。私なりに考えてみますが、判定が難しくても見て頂けたら嬉しいです。
ヒメカナワラビは予約で入れてありましたので、間に入ってしまいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索