私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カタイノデモドキ

カタイノデイノデモドの交雑種です。

カタイノデの近くで見ました。両親とも光沢はあるのですが、中軸の色からいえばイノデモドキ寄りでしょうか。
カタイノデモドキ2013.5.17-1
葉身の先が尾状に伸びる。。も両方の性質。(実際は斜上して頭が右に曲がっていたのですが、横から撮ったのでこんな写真になりました)
カタイノデモドキ2013.5.17-2

葉柄基部近くの麟片はイノデモドキ寄りでしょうか。幅が広く辺縁がだいぶ裂けています。
カタイノデモドキ2013.5.17-3

これは葉柄のどこら辺だったか、暗かったのでフラッシュを入れて撮ってみました。褐色の色が混じっていてカタイノデの性質もあるのかなぁ。
カタイノデモドキ2013.5.17-4

中軸の麟片は不規則に切れ込む(イノデモドキの性質)
ソーラスは辺縁寄り(イノデモドキの性質)
カタイノデモドキ2013.5.17-5

ソーラスは葉身の上の方からつき、葉身基部はまだついていなかった(カタイノデの性質)
カタイノデモドキ2013.5.17-6
あまり良い画像がなくてすみません。
スポンサーサイト

コメント

カタイノデモドキ

 本島は台風が遠ざかるころでしょうか。友だちが宮古にいるので心配しています。そちらは、たいしたことはなかったですか。
 カタイノデモドキは、画像だけで判断するのが難しい雑種です。現物だと葉の色だけでも見当がつきますが、写真ではそれがうまく伝わりません。この写真のもの、葉柄基部にさほど黒い鱗片がないように見えるのが?ですが、中軸の鱗片はモドキより裂けかたがザツで、葉柄中部?の黒っぽい鱗片もネッコイノデでは見ない出方ですね。カタイノデモドキでよいでしょう。

>みっちゃん先生

山で現物を見て来てはいるものの、今はもうどんな色合いだったか忘れてしまっています。撮った写真で判断しないといけないので、かなり苦しいというか、その色が出ていないのですね。
特に交雑種だと親の色を受け継ぐので、大切な事が良く分かりました。
それと葉柄基部の麟片なんですが、カタイノデの黒褐色が残っていないといけないのですね。私もwebで画像検索してみて気になって来ました。すぐに確認という訳には行きませんが、又行く機会はあると思うので、宿題にしておきたいと思います。
ネッコイノデというのもあったのですね。
でもぎりぎりセーフでよろしいのですね、ありがとうございます(´。`;)・・・

こちらは台風はやや強い風といった所ですが、部屋でベランダの鉢物と一緒に過ごしています。
今頃、宮古、石垣など八重山諸島は大変かなと思います。先生のお友達の所、大した事なく過ぎてくれるといいなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索