私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タカオイノデ

ツヤナシイノデアイアスカイノデの交雑種です。
葉身はツヤナシイノデ風ですが、幾分色が濃く見えます。
タカオイノデ2013.5.16-1 葉の色と艶は両方の中間の様な気がしますが。
タカオイノデ13.5.16-2

葉柄はツヤナシに比べると幾分長い。(アイアスカ寄り)
タカオイノデ2013.5.16-3

基部の麟片には褐色が混ざっています(アイアスカイノデの性質)
タカオイノデ2013.5.16-4

麟片には披針形ともう少し幅の広いのも混ざっていました。
タカオイノデ2013.5.16-5

中軸の麟片はツヤナシの色にみえますが、細いですね。(両方の性質)
葉身基部辺りに近い場所ですが、ソーラスは少なめになっています。
タカオイノデ2013.5.16-6

ソーラスは中間型。(ツヤナシイイノデの性質)
タカオイノデ2013.5.16-7
スポンサーサイト

コメント

タカオイノデ

 はいはい、これも当たりです。本家本元の高尾山のものですか?
 アイアスカとサカゲイノデの雑種のホクリクイノデでは、葉軸の鱗片が小さくて逆行します。この記事のものは大きめで開出気味ですから、問題なくタカオ。
 じつはアイアスカは里山に多く、ツヤナシは奥山の森林に多い。だから、お互いが出会う場所は意外に少ないのです。京都府では、山奥の某観光地の竹林のなかに両種が生育しているところがあり、タカオイノデが混じってはえていました。

>みっちゃん先生

はい、今回のシダは全部高尾山でみています。といっても頂上付近とは大分離れていましたが。。
ツヤナシイノデをみて、15分位移動した所でタカオが出て来て、すぐ近くにアイアスカがありました。2日間でコースは限られるので、まだ見ていないシダも他にも色々あるんだと思いますが、イノデ初体験、イノデ属の多さに驚いている所です。
サカゲイノデとツヤナシイイノデって似てるんですね。中軸麟片の向きが下向きだからサカゲと言う事なんですね。メモ致します。
台風の風が段々と強くなって来ました。台風が来ても頭はいまイノデでいっぱいです(´。`;)・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索