私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オンガタイノデ

ツヤナシイノデサイゴクイノデの雑種です。

明るい薄緑の葉色はツヤナシイノデの性質が出ています。
オンガタイノデ2013.5.16-1
葉柄基部近くの麟片には黒褐色が混ざっています。(サイゴクイノデの性質)
オンガタイノデ2013.5.17-2

黒褐色の分量はカタイノデ程多くはない(サイゴクイノデの性質)
オンガタイノデ2013.5.17-3

中軸の麟片には辺縁にまばらな突起がある。(サイゴクイノデの性質)でもソーラスはやや辺縁寄り?黒く写っているのはダニですかーー;
オンガタイノデ2013.5.17-4

大きめの画像を入れてみました。ソーラスは小羽片の羽軸側の耳状突起に優先的についていると思われますが(サイゴクイノデの性質)どうでしょうか。
オンガタイノデ2013.5.17-5

葉身の色や見た感じはツヤナシイノデに見えますが、葉柄、中軸の麟片はサイゴクイノデ、ソーラスもサイゴクよりに見えます。
スポンサーサイト

コメント

オンガタイノデ

 これも問題なく、当たり!
 オンガタイノデの鱗片の縞はアカメイノデよりは色が薄いので、慣れるとソーラスがない株でも見当がつきます。
 ソーラスの着きかた、欲をいえばもう少し下の羽片を写しておきたいところですが、この写真でも小羽片の耳状突起に優先的に配列するようすはわかりますね。
 さて、御三家の残り、ツヤナシイノデモドキ(ナメライノデはサカゲ×モドキ)は登場するのかな?

>みっちゃん先生

問題なく、当たり!と言って頂いてホッとしています。
ソーラスのつき方が予想外だったので、どうかなと思っていました。
でもそんな事より撮り方の問題ですね^^;
シダの性質を知らないとあっちこっち抜けてしまう事が良く分かりました。葉身の基部の写真、大事ですね。気をつけたいと思います。。といいながらも。この後のもざっとみたら不十分なのが多くて大丈夫かなぁと思いますが、ダメな所が分かるのも勉強と思って続けます。

それと、御三家とは?と今図鑑を見ていたのですが、ツヤナシイノデが共通だったのですね。今回はこの雑種は見ていませんでした。次はツヤナシとアイアスカの混ざったのをやりたいです。
また見て下さいねσ(@゚ー゚@)♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索