私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

アカメイノデ

さて。。イノデ属の雑種です。説明をして頂いて、写して来てもちゃんと理解できているのかというと、全然自信は無いですが、今まで挙げた基本種(両親)の所を行ったり来たりしながらやってみたいと思います。

ツヤナシイノデカタイノデの雑種です。

まず葉身なんですが、今年生えた新しい葉をみたら、色が明るい緑で艶があまりないからツヤナシイノデの様に見えます。
アカメイノデ2013.5.17-1

アカメイノデ2013.5.17-2

葉柄の麟片には濃い栗色の混ざった麟片がついていました。これはカタイノデの麟片に似る。形は卵形と披針形が混ざっていました。
アカメイノデ2013.5.17-3

アカメイノデ2013.5.17-4

ソーラスは外側から付く(カタイノデの性質)
中軸の麟片はカタイノデ? これも中軸はちゃんと撮っていません。
アカメイノデ2013.5.17-5

ソーラスは中間形。
アカメイノデ2013.5.17-8

これは下にあった古い葉です。この姿はたまたまですよね。
アカメイノデ2013.5.17-6

古い葉のソーラスは未熟のまま残っていた(雑種の為)
アカメイノデ2013.5.17-7

こんな感じの見方でいいのかな。
スポンサーサイト

コメント

アカメイノデ

 当たり!
 アカメイノデに一番似ているのはオンガタイノデ(ツヤナシ×サイゴク)ですが、オンガタではソーラスが小羽片の耳に優先的に配列してゆきます(サイゴクの性質)。これは葉の頂部からついてきて、突然終わりますから、カタイノデと同じ傾向ですね。その部分が写っていて、すぐわかりました。

>みっちゃん先生

早速ありがとうございます♪
交雑種と言っても片方の性質が強く出たりする事もあると思うので、ちゃんとポイントを抑えられているかな~と不安でした。
まずはクリアで一安心。。。

オンガタイノデ、これも見ました!!この両親ならまず光沢は無いですね。
あとは前回のサイゴクの耳と辺縁に極端に寄ったソーラスですよね。
フォルダを明けるのが楽しみになりました!次回に!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索