私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カタイノデ

オシダ科 イノデ属

色は濃い緑色、葉に艶があって、パキっとした感じ(私のイメージですが)で好きだなぁと思いました。
カタイノデ2013.5.17-1


葉は直立~斜上するんですが、これは冬からあった葉でしょうか、水平で先は下向き、右側に立った葉があります。このやや細めで先の方に段々細くなっている姿、綺麗ですね。
カタイノデ2013.5.17-2

葉柄基部付近の麟片は披針形~広披針形。
カタイノデ2013.5.17-3

下の方に行くに従って濃褐色で縁には少しだけ淡褐色の縁取りがありました。
カタイノデ2013.5.17-4

でも中軸の麟片は淡い褐色です。(下だけ黒い麟片と覚えました)
カタイノデ2013.5.17-5

ソーラスは葉身の上の方から、羽片では先の方からついて来るようです。葉身の基部辺りが最後になるのでしょうか。
カタイノデ2013.5.17-6

カタイノデ2013.5.17-7

ソーラスは裂片の辺縁と中肋の中間に付く。裂片の先には刺状の突起がある。
カタイノデ2013.5.17-8

スポンサーサイト

コメント

カタイノデ

 これも正解。カタイノデは葉柄基部に濃い栗色~黒色の鱗片があるので、覚えやすいイノデです。イノデモドキの変種であるネッコイノデなどにも似た鱗片がありますが、これほどきれいなものではありません。
 葉に独特の金属光沢があるのも、よい特徴です。この光沢はミヤコカナワラビやナンキカナワラビ(イヌツルダカナワラビの一型)にもあり、印象に残るものです。
 他の府県ではあてはまらない例もありますが、京都府ではカタイノデはイワヘゴなどと並んで石灰岩・緑色岩地を特徴づける植物のひとつ。高尾山あたりも緑色岩系なので、これが当てはまるかもしれませんね。

>みっちゃん先生

先生、こんばんは~~
イノデの種類はいったいどの位あるのか、果てしない感じにも思えます。終わったら、単語帳みたいなのを作ろうかと考えました。
>葉に独特の金属光沢があるのも。。
あ~~そういう表現をするのですね。
パキっとした感じなんて、なんと表現力の乏しい。。(´。`;)とほほ・・・
ナンキンカナワラビはpandaちゃんの所で拝見して来ました。
なるほど似た様に光沢があって綺麗でした。
こちらのタカイノデも湿った岩など近くにありました。京都と環境が似ているのですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索