私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ツヤナシイノデ

オシダ科 イノデ属

イノデと正反対で、その名前の通り葉に艶が全然が無く、葉の色も大分明るい感じでした。
葉身は真中位が一番幅が広い様に思えます。先の方はイノデと同様に急に細くなり先が尖っていました。
ツヤナシイイノデ2013.5.16-1
葉柄は葉身より大分短くて、基部の麟片は淡い茶色で卵形~広い卵形。
ツヤナシイイノデ2013.5.16-2

表側、艶は無いけどこんなに綺麗な淡い緑です。羽片はネクタイ形で葉軸に直角に付いていました。
ツヤナシイイノデ2013.5.16-3

葉裏の色ははもっと明るい。葉身基部辺りはソーラスはなかったですが、中間から上はソーラスがびっしり。
ツヤナシイイノデ2013.5.16-6

葉身下部の中軸の麟片は結構大きくて、上向き、又は斜め向きに付いています。これがツヤナシイノデの特徴らしく、図鑑にも書かれていました。
ツヤナシイノデ2013.5.16-4

葉身中間あたりの中軸の麟片も同様についていました。ソーラスは辺縁と中肋の中間。葉裏には微毛がたくさん。
葉裏の微毛も麟片なのだそうです。「鱗片は、基部の細胞が複数列のものをいいます。精度の高いルーペなら、細胞列を確認できますよ。みっちゃん先生のコメントより)

ツヤナシイノデ2013.5.16-5


スポンサーサイト

コメント

ツヤナシイノデ

 これも問題のないツヤナシです。暖帯上部から温帯下部に見られるもので、普通はサカゲイノデより暖地性です。
 イノデ属の葉裏にあるのは狭いながらも鱗片で、毛ではありません。鱗片は、基部の細胞が複数列のものをいいます。精度の高いルーペなら、細胞列を確認できますよ。

>みっちゃん先生

おはよ~ございます!
葉裏のたくさんの毛だと思っていたのは麟片でしたか。
中軸の麟片の色と同じだなぁと思っていたのですが。。
イノデ属は特に「麟片がいのち」って感じがします。
当日は頭のなかがリンペン、リンペンといっぱいでしたが、そのわりに充分観察出来ていなかったです。
制度の高いルーペを探してみます。

ツヤナシイノデ 綺麗に揃って色も綺麗ですね。
わたしもこっちのサカゲイノデ もう一度みてみないと〜
リンペンリンペンですね(^o^)

>volさん

どうもそうらしい。。 リンペンリンペンの様です(^o^)
葉柄の基部を撮ればと思っていたのですが、中軸までは注意が行っていませんでした。
サカゲイノデの東北版、楽しみにしてま~す。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索