FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イノデモドキ

5月に出かけた関東のシダを続けたいと思います。
前回イノデを載せましたが、間が空いているので比較の為に日付を新しくして登録しました。

オシダ科 イノデ属
イノデ程ではないですが、こちらも艶がありました。色はやや明るいめの緑、と言っても並べて比較してみないと分からないかも知れません。
イノデモドキ2013.5.16-1

葉身は狭披針形~披針形。上部に来て段々細くなり先は尾状に伸びる。葉柄は葉身に比べて大分短い。20cm位。
イノデモドキ2013.5.16-2

葉柄の基部。麟片は卵状披針形~披針形。淡褐色~まれに黒みを帯びる。
イノデモドキ2013.5.16-3

麟片の光沢はなく、辺縁は著しく不整な突起がある。
(画像が不規則な突起を表せているのか、とにかく鋸歯を撮ってみました)
イノデモドキ2013.6.16-4

羽片は線状で先が尖る。中軸や羽軸の麟片は線状披針形~線形で淡褐色~やや赤みを帯びる。
イノデモドキ2013.6.16-5

小羽片の先は刺状。ソーラスは辺縁寄りに付く。
イノデモドキ2013.6.16-6


スポンサーサイト



コメント

イノデモドキ

 たんねんに見わけていますね。イノデモドキに間違いありません。ソーラスも、きれいに撮れています。
 イノデモドキの鱗片の縁が櫛歯のように細かく裂ける特徴は、葉の中軸のものではっきりします。小さいからきれいに写すのは難しいのですが、機会があればチャレンジしてみてください。

>みっちゃん先生

こんばんは~ 早速有難うございます。
「麟片の辺縁の著しく不斉突起」という図鑑の記載が良く分かりませんでした。
>鱗片の縁が櫛歯のように細かく裂ける特徴は、葉の中軸のものではっきりします。
みっちゃん先生にこう表現して頂いてイメージが湧きました。
さらに「しだの図鑑」のイノデ属の比較表をみたら、細いネクタイ形で縁は毛状細裂とあったので良くわかりました。
毎年行ってる山なので、今度見た時は中軸の麟片を観察して来たいと思います。写真も挑戦してみますe(^。^)g!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索