私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

利尻・礼文島の花(4)

カラフトダイコンソウ バラ科
木道の横から顔を出していました。葉や茎など全体に開出毛があり、これがこの花の特徴らしいので。(利尻島)
カラフトダイコンソウ2013.6.14-1

カラフトダイコンソウ2013.6.14-2

クルマバソウ アカネ科
4枚の花弁を持つとても小さな花で、少し暗い感じの所で群生していました。(利尻島)
クルマバソウ2013.6.14-1

なんとも可愛らしくてこの場を離れたくなかったです。
クルマバソウ2013.6.14-2

クルマバツクバネソウ ユリ科
そしてツクバネソウの近くにこれが咲いていました。みんなで早口言葉の様にこの名前を繰り返す。。(利尻島)
クルマバツクバネソウ2013.6.14

マイヅルソウ ユリ科
続いて今度はこれ、白い小花が続いていました。(利尻島)
マイヅルソウ2013.6.14

ツバメオモト ユリ科
これも葉は大きいけど花は白くて小さい。(利尻島)
ツバメオモト2013.6.14

ニョイスミレ スミレ科
白い小花の極めつけはこのニョイちゃん。小花シリーズでこちらに持って来ました。花を撮っていたら隙間にピンクの花弁を見つける。そして上をみたら。。
ニョイスミレ2013.6.14

ヤエザクラ バラ科 
八重桜は八重に咲く桜の総称の様で、それぞれに名前が付いているのだと思いますが、名前が分からなかったのでヤエザクラとしました。今年最後の桜と菫の組み合わせだし、今頃桜がみられるなんて。。と嬉しくなりました。(利尻島)
ヤエザクラ2013.6.14-1

ヤエザクラ2013.6.14-2

オオツリバナ ニシキギ科
写真では葉は3出葉に見えますが、対生でした。ツリバナの花には少し色が付くという記載がどこかにあったのでオオツリバナにしました。(利尻島)
オオツリバナ2013.6.14-1

赤い実がぶら下がった時も可愛いでしょうね。
オオツリバナ2013.6.14-2

アキグミ グミ科
満開の花でした。沖縄でみるツルグミと違ってとっても涼しげに咲いています。
アキグミ2013.6.14-1

アキグミ2013.6.14-2

オオミミナグサ ナデシコ科
最後まで名前を決めかねていたけど、これで合っていますか、この花はオタトマリ湖、礼文島、利尻島で道沿いの草地で普通に生えていました。
オオミミナグサ2013.6.14

コウリンタンポポ キク科
漢字にすると「紅輪蒲公英」となるようですが、この花はかなり鮮やかな濃い朱色でした。利尻島で一輪見かけたのですが、15日稚内から帰りのどこかの道の駅の敷地内で大群落をみた時はびっくりしました。ヨーロッパ原産の帰化植物で、特に北海道に多いそうです。あ~ 凄すぎる!という感じでした。
コウリンタンポポ2013.6.15-1

コウリンタンポポ2013.6.15-2

これで、今回の北海道の花シリーズを終わります。長々とやりましたが、最後まで見て頂いて有難うございます。花の名前や記述に間違いがありましたら、教えて頂ければありがたいです。
シダ類がまだ少し残っていますが、まだ関東、西表のが終わっていないのでその後に続けたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索