私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

アポイ岳の植物(3)

エゾタカネニガナ(キク科)
ニガナにそっくりなこの花はフタマタタンポポ属に入っていました。こんな所で普通のニガナではないな~と思いつつも。
エゾタカネニガナ2013.6.12-1

葉は根元だけに付くことが特徴で、北海道の蛇紋岩地帯にだけ生えている。と言いながらこんな撮り方しか出来ていません。(反省)
エゾタカネニガナ2013.6.12-3


チシマキンレイカ(別名タカネオミナエシ)(オミナエシ科)
北海道でも高山に咲くとあったこの花は、名前は大丈夫かなと思いましたが、登山道入り口の案内に名前があったのでいいのかな。
チシマキンレイカ2013.6.12-2

鮮やかな黄色は強い日差しにも負けていませんでした。
チシマキンレイカ2013.6.12-1

サマニユキワリ(サクラソウ科)
もう終わりかな~と思っていたら、ほんの少し花が残っていました。可愛らしい♪
サマニユキワリ2013.6.12-1

ユキワリコザクラの変種なんだそうです。他のサクラソウ科の花に比べて葉がとても小さくなっているとか。
サマニユキワリ2013.6.12-2

こんな感じの背景で花がいっぱいあったら良かったのに~~。でも贅沢はいえません。
サマニユキワリ2013.6.12-3

ヒロハヘビノボラズ(メギ科)
これは去年長野県でもみました。ここのは花付きが良く、あっちこっちでたくさん咲いていました。
ヒロハヘビノボラズ2013.6.12-1

茎にトゲがあり、葉にも鋭い鋸歯があるのが特徴。
ヒロハヘビノボラズ2013.6.12-2

キンロバイ(バラ科)
高山の岩場に生える落葉小低木。葉の割に花が大きく、見ごたえがあったのですが、使える画像はこれ一枚でした。
キンロバイ2013.6.12

キジムシロ(バラ科)
襟裳岬の方にもたくさんありました。
キジムシロ2013.6.12

カラフトイシツツジ(ツツジ科)
離れた所にあったのでズームしてどうにか撮れていました。北海道の高山の岩礫地に生育し、千島、樺太に分布するという。花盛りがみたかったですね~。
カラフトイソツツジ2013.6.12
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索