FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イノデ

6月7日にアップしたものですが、この後のイノデモドキと比較するために日付設定を変えています。

オシダ科 イノデ属

イノデの仲間がたくさんありました。初めは教えてもらっても何がなんだか。。。 取りあえず全体と葉身、葉柄、葉柄の基部の麟片、ソーラスと各部分を写しておいて、図鑑と画像を照らし合わせ、確認しながら整理してみたいと思います。

俺が一番!と言っている様に堂々としていて、艶がありとても見ごたえのある姿でした。
イノデ2013.5.16-1

葉身は2回羽状複生。深緑色で光沢があります。
イノデ2013.5.16-2

葉柄基部の麟片は褐色~赤褐色。狭披針形~広披針形。
イノデ2013.5.16-4

麟片の辺縁に不規則な突起がある。
イノデ2013.5.16-5

中軸の麟片は上部に行くに従って細くなって行く。羽片の上側の第一小羽片は深裂しています。他の小羽片の基部は上側が耳状になり、下側はくさび型。
イノデ2013.5.16-3

ソーラスは辺縁と中肋の中間。裏面は艶がなく色も薄くなり、毛状の長い麟片がある。
イノデ2013.5.16-6

イノデ2013.5.16-7
スポンサーサイト



コメント

イノデ

 確かに堂々としたイノデらしいイノデは、沖縄にはありませんね。暖・温帯のものだからです。雑種は胞子が不定形になりますからヤブソテツ類のような難しさはありませんが、種類が多いので、組み合わせは膨大な数になります。雑種を含めれば、私も実物を覚えるのに数年かかりました。
 今回はヤマイヌワラビも正解。易しいように見えますが、じつはヤマイヌワラビは変異が多く、かなり難しいものです。このヤマイヌワラビは典型タイプなので、これを基本にすると良いでしょうね。

>みっちゃん先生

ヤマイヌワラビ、正解でしたか!あまり丁寧に撮っていなかったで、どうしようか迷っていました。他にも似た様なのも見た気がしますが、また次回に行った時にもっとゆっくり見て来たいです。

イノデ類はほんとに麟片の形や色や葉の艶や大きさなど色々と有りました。整理するのに時間がかかって一番後回しになっていますが、イノデ属は私が見せて頂いたのだけでも雑種をいれて15種類ぐらい有りました。ブログに載せても全部分かったというより、勉強ノートみたいなつもりでやっています。
この後も続けてイノデ属の予定ですが、
実は明日からまた出かけて来ます。今度は自力なのでどれだけ花が見られるか、また友人と観光も兼ねているので遊んできます。北海道も暑そうです。
帰りは来週18日になりますのでブログはしばらくお休みします。いってきま~す。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索