FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオカナワラビ⇒ オニカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属
ヤクカナワラビとオキナワカナワラビはすでに沖縄本島でみていて、オオカナワラビの中の残るあと一つを見る事が出来ました。。。と思ったのですが、これはオニカナワラビでした。コメント欄でみっちゃん先生に詳しく教えて頂きました。
オオカナワラビ2013.5.17-1

葉身は基部の最下羽片が一番大きい。側羽片が5対、残りは頂羽片とみていいですか。
オオカナワラビ2013.5.17-2

最下羽片の下側の第一小羽片も大きい。
オオカナワラビ2013.5.17-3

小羽片の基部は前側が切り形、後ろ側はほとんど欠落してくさび形。辺縁には棘状の鋸歯。
オオカナワラビ2013.5.17-4

ソーラスは葉脈に頂生して辺縁寄り、と言う事になっていますが、それほどでもない感じがする。
オオカナワラビ2013.5.17-5

オオカナワラビ(カナワラビ)はオキナワカナワラビほど辺縁寄りでは無いと言われているのでこれで良いのではないかなと、ちょっと不安はありますが。
ソーラスはこれはやっぱり中間型と見るべきで、これはオニカナワラビのソーラスという事になります。オオカナワラビ2013.5.17-6

~~~~~~~~以下はハカタシダです~~~~~~~~~~~

前日にも見たのですが、これもオオカナワラビ(カナワラビ)で良いですよね。⇒これはハカタシダ。
初めハカタシダかなと思いましたが、裂片の辺縁の鋸歯の量はそれほど多くは無かったです。
オオカナワラビ2013.5.16-1

↑のソーラス。
オオカナワラビ2013.5.16-1


スポンサーサイト



コメント

はてさて

 やっかいなものを写してきましたね。結論から先に言うと、上の6枚はオニカナワラビ(の頂羽片状になるタイプ)、下の2枚はハカタシダ。
 まず、葉質は(内地の)オオカナワラビより厚い(ただしオキナワカナワラビは厚くて硬め)、ソーラスが(みづらいですが)中間生でオオカナのような辺縁生ではない、小羽片の大きなものは鎌形に曲がる(オオカナでは曲がらない)などが主要な区別点です。
 オニカナとハカタをこの写真で区別するのは上級の腕が必要でしょうか。自慢するつもりはさらさらありませんが、文章で書くのはつらいです。

>みっちゃん先生

あちゃぁ~~ 毎日毎分悩んでいます。(´。`;)とほほ・・・
オニカナワラビですか、。。。
整理をし直すとオニカナワラビは
・母種がハカタシダになっている。
・頂羽片は出来ず羽片が多い。(この写真のは頂羽片状になるタイプ)
・オオカナワラビよりも葉が厚い。
・ソーラスは中間性。(オオカナワラビは辺縁寄り)
・小羽片の大きなものは鎌形に曲がる。(オオカナワラビは曲がらない)

という事はまだオオカナワラビ(カナワラビ)を見ていないわけで、これも、沖縄本島にもありそうなので頑張って探したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索