私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒメワラビ⇒オオヒメワラビ

ヒメシダ イワデンダ科 ヒメシダ オオシケシダ属
沖縄にはアラゲヒメワラビがあって、ヒメワラビとどれだけ毛の具合など違うのか見てみたかったです。このヒメワラビはまだ出だしで若い株の様でこれからもっと大きくなるのだと思います。
ヒメワラビ2013.5.16-1

追記:良く似ているけど、コメント欄で光田先生に詳しく相違点を教えて頂きました。これはオオヒメワラビと言う事で名前を訂正致します。

葉は明るい緑色。小羽片には柄がないの。
ヒメワラビ2013.5.16-2

中軸や葉柄は褐色の麟片はあるけどツルツルしている。
ヒメワラビ2013.5.16-3

ヒメワラビ2013.5.16-5

胞膜は円腎形で有毛。葉裏にも毛がありましたがアラゲヒメワラビとはだいぶ違っていました。
ヒメワラビ2013.5.16-4
スポンサーサイト

コメント

ヒメワラビ

 これはヒメワラビではなくて、イワデンダ科のオオヒメワラビです。よく似ているので間違えるのももっともですが、ヒメシダ科に広くみられる尖った毛ではなくて、へたった(?)ような柔らかい毛です。また、ヒメシダ科の植物は葉表で葉脈部が多少とも盛り上がりますが、イワデンダ科ではくぼみます。裂片も小羽片状に独立することはありません(独立すればミドリワラビ)。
 本種は沖縄には分布していません。内地では石灰岩・緑色岩などの石灰分を含む地層がある山地に、やや普通に見られます。

>みっちゃん先生

こんばんは~ 早速有難うございました。
初めてみたシダなので中々判断が難しかったのですが、普通にヒメワラビと思っていました。
毛の性質や脈の出方などとても微妙な違いの所など教えて頂いて有難うございます。
う~~ん、これは難しいです。もう少し大きく成長したらこの違いももっと分かりやすくなるかなぁ。現地はこの前の石灰岩・緑色岩などの石灰分を含む地層がある山地なので、また行く機会もあると思います、ちゃんとメモして、またみっちゃん先生のシダの本で、「メシダ科は葉柄を切ると2本の維管束が見える」と書かれた箇所があったので、機会があったらこれも確認してみたいです。

この後もこんな調子だと思いますが、みっちゃん先生、また教えて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索