FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

西表島の植物5 07.2.17-18

さて、翌日の朝は明け方の大雨が止んで晴れ、とまでは行きませんでしたが、明るい曇りという感じの空の下、みんなで出かけました。
雨の後の山の緑の美しさは格別でした。
途中でこんな景色が目に飛び込んできます。
自然の作る美しさとダイナミックさにすっかり嵌ってしまった一枚です。
西表島07.2.18-1

このページは花と言うより、葉やシダなどが多くなると思います。
写真を撮ってみたら花がなくても意外と美しい事に気が付きます。
ヤブレガサウラボシ。(破れ傘)と書いたらなぁ~~るほどと納得です。
ヤブレガサウラボシ07.2.18-1

ほら、傘みたいでしょ!
ヤブレガサウラボシ07.2.18-2

これはアマクサシダ。膝あたり位の高さで葉が横になっていましたが
中央部は片側だけに葉が付いてて珍しいなぁと思いました。
オオアマクサシダはもっと壮大な感じになるそうです。
アマクサシダ07.2.17

ナナバケシダというそうです。七変化とか関係あるのか。。分からないけどそのまま通り過ぎ。。(;^_^A
ナナバケシダ07.2.18-1

立ったタイプのナナバケシダ。この形面白いですね。
ナナバケシダ07.2.18-2

マングローブの風景も入れて見ますね。
西表島07.2.18-2

ヤエヤマヒルギです。
ヤエヤマヒルギ07.2.18


葉の先がややまるくなっているのがメヒルギ。
メヒルギ07.2.18-1

長いサヤが付いていました。
メヒルギ07.2.18-2

そしてオヒルギはやや葉が長くて先が尖ってる。
オヒルギ07.2.18-1

マヤプシギ。なんとも面白い名前です。先の尖った根っこ?がニョキニョキ出ている風景。
マヤプシギ07.2.17-1

子供のおもちゃになりそうなマヤプシギの実。
マヤプシギ07.2.17-2

リュウキュウツワブキの花後の株。葉の形が普通のツワブキと違うのが分かりますよね。
リュウキュウツワブキ07.2.18-1

もう一枚リュウキュウツワブキの葉。とても原始的な感じがしました。
こんな葉は中々見る事が出来ないかも知れません。
リュウキュウツワブキ07.2.18-2

ちょっと花も入れてみます。
ナガバイナモリ。沖縄本島のやんばるでよくみるサツマイナモリの変種だとか。やっぱり渓流で、イリオモテスミレの近くに咲いていました。
ナガバイナモリ07.2.18-1

葉が長いですね。
ナガバイナモリ07.2.18-2

もうひとつ、ヤエヤマカンアオイです。
ここのポイントでしか見られないとか。。凄く貴重な写真となりました。
葉の下の方に咲いているのが花です。
ヤエヤマカンアオイ07.2.18-1

花のアップですけど。。綺麗とは言いがたい。。
でもカンアオイの好きな方って結構多いみたいですよね。
ヤエヤマカンアオイ07.2.18-2

スポンサーサイト



コメント

西表島・・・・凄い・・・・自然・・・の素晴らしさ・・・・
なんともスゴイ世界!でありますねぇ。。。と、しばし感心。。
小さいお花から。。。こういう・・何と表現したらいいのか、
こまつなさん曰く”美しさとダイナミック”さも・・・ですね。。。

本当に、羨ましい。。。であります。。
でも、こうして、南の島を楽しませてくださり、ありがたく思っています。
こんなにたくさん、大変だったのでは。。。ありがとうございます(__)
東京の片隅にドップリモノですが、楽しく拝見させていただいてます(^^♪

シダ、シダ類ですとこれは何処にでもあるからお馴染みさんです。でも、本州・中部山岳地帯ではこんなに種類はない、そんな気がします。珍しいのを拝見してて、ツワブキを見るとあるよ、あるある似たのがいっぱいありますと言いたくなります。
アオイのファンは多く、中高年層には随分昔から愛好家が沢山居て、種類も凄い数だと思います。そうそう、この間のスミレ展、そっと拝見していました。

tomatoさん、kazuhoさん 
都会のお二人にはホントにきっと別世界なんでしょうね。
このシリーズはあと1回で終わりになる予定です。
近いうちアップできると思いますが
何しろ記録した名前をみて撮った写真と見比べながら
確認してやっていますから、時間がかかって。。(;^_^A

こうやって少しずつでも覚えられたらいいなと思っています。
時間があったらもっとゆっくり旅したいなぁ~と
こればっかり思うのですが、でも今いけるときにいければと、
そう思うと撮ったものが全部大切になってきます。
kazuhoさん、ボケの花、もうすこし後で観にいきますね
ではおやすみなさい¤ª“˜¯˜“ª¤ ♡BYE♡ ¤ª“˜¯˜“ª¤

不思議世界だぁ

こんばんは~
毎度、見せていただく度に、ほ~~~と感心しながら
拝見させてもらっています。
やはり、沖縄はこちらとは、気候、風土が違うのですねぇ
珍しいシダの葉も拝見
ヤブレカサ面白いですね。
一番、不思議だったのは、ヤマブシギ
竹の子のような、アスパラのようなにょきにょきが珍しい
オヒルギのあの長いサヤも南国ならではの、不思議植物でした
ツワブキもなるほど、原始的です。
カンアオイはまさに南国らしいお花のお顔です
暑さに負けないようにしっかりしたお顔(笑)
逞しさ感じます
どうもありがとう
楽しませてもらいました

>ゆりさん、
そうですよね、やっぱり沖縄は亜熱帯の島です。
西表はさらに南のしまだし、私もまぁ~~と驚く光景が沢山ありました。
マングローブは本島でもありますが、スケールが違います。
マヤプシギのあった所、あそこなら1日中いても遊べそうな海岸でしたよ。
遠浅の砂の中にも色々と面白そうな貝や生き物がいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索