私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オオイシカグマ⇒ヤエヤマカグマ

今年の3月に撮ったものです。常緑性とはいえ新葉が出て綺麗な時期でした。今頃行けばもっと大きくなっているでしょう。初めはイシカグマの大きいものかなと思っていましたが、良く見ると3回羽状。似たものにウスバイシカグマというのもあるけれどこれは割と明るい林縁で見かけました。ウスバイシカグマはまだ見た事はないですが図鑑ではやや陰湿な谷間などに生育すると書かれています。

resize22389.jpg
葉身はやや長めの三角状。中軸の下側はやや褐色。
resize22391.jpg

表側の中軸には溝があります。
resize22385.jpg

表に比べると葉裏はやや色が薄かったです。
resize22392.jpg

葉柄基部の様子。根茎に近い所は開出毛がみられます。
resize22382.jpg

resize22384.jpg

若い葉柄。
resize22383.jpg

小羽片は有柄、先は尖っていますが、裂片は円頭。
resize22393.jpg

胞子嚢群は脈端につき、胞膜の前縁は裂片の辺縁より内側につき有毛。
resize22394.jpg

ヤエヤマカグマにも似ているけど、小羽片の先が尖っているので違うかなと思ったのですが、オオシカグマで合っていますでしょうか。

追記:コメント欄でみっちゃん先生よりこれはヤエヤマカグマと教えて頂きましたので訂正致します。
小羽片の先端は尖っているけれど、東南アジアのオオイシカグマの典型的なものは多毛であり、また裂片の先端は丸く最後の写真では毛の量のが多くない等が理由です。
あと、ウスバイシカグマはイシカグマの深裂型のような外観、これもメモして何時か見つけたいです。
スポンサーサイト

コメント

オオイシカグマ

 この仲間には連綿とした中間形があり、浸透交雑でも起こしているのかな?と思われるほど。写真のものは確かに小羽片の先端がとがりますが、最後の拡大写真を見ると毛も少なめのようです。私はヤエヤマカグマに入れます。オオイシカグマの典型的なものは東南アジアに普通で、多毛で裂片もとがり気味です。
 ウスバイシカグマはイシカグマの深裂型のような外観で、オオイシカグマと間違えるようなものではありません。前にも書きましたが、ヤエヤマカグマはコウシュンシダとの関係でできた種類(変種)だと思います。胞子は正常ですから、単純な雑種ではありません。

>みっちゃん先生

こんばんは~~。詳しく説明をして頂いて有難うございました。
このシダは実はヤエヤマカグマからあまり離れていなくて、ここにはどっさりとありました。姿も大きめだったし、違うのかなと思って暫く置いておいたのを載せてみたものです。
前のヤエヤマカグマは周りには他になかったので、特徴を充分わかっていませんでしたが、今度は先生のご説明で良く分かりました。正常な胞子からも数をしっかり増やしている訳ですね。
ブログの方は早速訂正します。

オオイシカグマはまだ見た事がないのですが、ウスバカグマも含めて早く見つけたいです。ここ最近はやんばるに通う時間がなくて少し焦り気味ですが、出来る範囲でやりたいです。

難しい・・・

こまさん、雨は大丈夫ですか?
沖縄はもう梅雨に入ったんですね。あんまり降らないといいけど・・・
この手のシダは苦手です。同じイシカグマでも大きいのも小さいのもあってわからないし、ソーラスが微妙に違うだけでも違うシダだったり・・・まだその「違いがわかる女」にはなっていない。こまさん、頑張って~♪
と、最近イシカグマでつまずいた私です (^_^;)ゞ

>pandaちゃん

おはよー。難しぃよねー。両方見比べられると一番いいけれどもなかなかそういう訳にもいかなくて。。
ゆっくりやすまずにやります。
昨日から又高尾山に来ています。
今回はシダ類を中心にと思って、山に詳しい方に教えてもらいながら、歩いています。
今日までなのて頑張ってくるね。
沢山シダをみましたよ。明日帰りまーす。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索