私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

西表島の植物4 07.2.17-18

ヤエヤマジュウニヒトエ。花はそんなに派手ではなく小さい白いのが集まって咲いてました。
しそ科の花。名前がいいですよね。
ヤエヤマジュウニヒトエ07.2.17-1

久米島、石垣島、西表島、与那国島に咲く花。
葉も花も重なって沢山付いているのでこんな名前なんでしょうか。
ヤエヤマジュウニヒトエ07.2.17-2

小さい花が続きます。これも花は何ミリの世界の花です。
リュウキュウウロコマリ。キツネノマゴ科です。
リュウキュウウロコマリ07.2.17

そしてキツネノマゴ科のキツネノマゴ。(早口言葉みたいですね^^;)
西表島の植物1でみたキツネノヒマゴより葉が長くなっています。
キツネノマゴ07.2.17

ムラサキカッコウアザミがあちこちで咲いてました。
ムラサキカッコウアザミ07.2.17

こんな風に一塊になると結構見ごたえがあります。
ムラサキカッコウアザミ07.2.17-2

野生のコウトウシランがたくさん咲いていました。一株だけ撮影。と思ったら二株がくっついていました。
コウトウシラン07.2.17

チクシキヌラン。春に良く咲くキヌランは沖縄本島でも良く見かけます。
名前も聞いてメモしましたので、やっぱりこちらはチクシキヌランですよね^^;
とりあえず画像を。。
チクシキヌラン07.2.17

たまたまこの1週間後に恩納村でキヌランを写しましたので、アップしてみます。
キヌラン07.2.14
難しい違いはともかく花の付き方が違うような気がしますが。。

タカサゴサギソウ。これはこちらでも見た事がある植物です。
そろそろ花も半分は終わってますね。
タカサゴサギソウ

ヤエヤマコウゾリナ。前向きに倒れ加減で、その正面からゆれる首のような花を撮りました。
マクロレンズだと全体像を綺麗に撮る事が出来ないのがネックです。
レンズ交換はいつももたもたするので、間に合いません(´。`;)
ヤエヤマコウゾリナ07.2.17

ご当地の名前の付いた花をもうひとつ。
ヤエヤマコンロンカ。黄色いのが花です。
ヤエヤマコンロンカ07.2.17

そろそろ1日目の夕方に近づいて急ぎ足ながらもしっかりと、アチコチの花を見て周りました。
イヤ、付いていきました。
今度はマメ科のヒナアズキ。マメ科はいっぱいありますね~
この名前は検索しても画像が少なかったです。
ヒナアズキ07.2.17

今日の最後はワニグチモダマです。変わった名前ですね~。
これは蕾です。これが全部開いて花が咲くとぼんぼりみたいなのかなぁ~と想像しました。
夕日に当たって葉も蕾もオレンジ色で、良い感じでした。これもマメ科です。いったい幾つマメ科植物を見たのかな。
ワニグチモダマ07.2.17

この日の植物はシダ類やマングローブがいくつか残っていますが、
あとで2日分をまとめてみたいと思います。

夕方宿泊旅館に付いて、シャワーして、大急ぎでみんなで夕食を頂いて、旅館の方にホタルを見に連れて行ってもらいました。
車を止めて、かすかに人の姿が判る位の真っ暗い山道をみんなで歩きました。
そしたら見上げた山のやや上の方からホタルの明かりがポツポツと見え始め、段々と多くなり、下のほうに降りてきます。
何年ぶりかなぁ~。。。しばし夢ごこちでした。
そして数十分後にホタルがひとつひとつといなくなり、また真っ暗な闇に戻った後に空を見上げるとそれこそ「満天の星空」が頭上にありました。

ー*-*-*-*ー*-*-*-*ー*-*-*-*ー*-*-*-*

このあとも続きがある予定ですが、今日から(3月3~4日)からすみれ展が始まりましたので、一旦お休みして展示会の写真を整理いたします。
ではマッタニャーーーン(*^ー^*)・ ・‥…・・・★(∪。∪)。。。zzzZZ
スポンサーサイト

コメント

いやー、もう力作、傑作ぞろいですね。名前もよく覚えましたね、覚えていなくても確りと記録しましたね。マメ科が多い、なるほどそうだろうなと思います。リュウキュウウロコマリ、可愛いですね。チキシキヌラン、キヌランは流石にランだわいと思います。
それと、ほ、ほたる、自然界で蛍に会えたなんて素晴らしいですね。近頃は、半ば養殖みたいなのが少しあるだけですから。私は随分まえですが、東京都内と近郊の料亭のような広い所で、京都の近郊から送られたきたのを夜放して見せる。というので見たのと、田舎で町が作った観光用のを少し見たのが最後です。住んでいる周辺でも、ごく僅か見られるようですが、子供の頃の蛍のイメージを壊したくないので行っていません。
また、こまつな先生の素晴らしい花と自然の写真、講話を期待しています。

kazuhoさん、こんばんは。
そうです!ほ、ほたる!久しぶりに見たあの光景はきっと、ずっと
忘れられない光景になりました。
豊かな自然がいっぱいでした。

すみれ展の整理が終わったらまた続きを載せたいと思っています。
いつもきていただいて有難うございます。

ヤエヤマいいですね~
どうしてそちらはロマンのある花の名前が
多いのでしょうね~
土地の名前と同じだとしてもロマンがありますね

シャワーを浴びて食事してすぐにホタルの光
すっごく幸せじゃな~い!
それですぐにスミレ展
良い人生バクシン中ですね~

>良い人生バクシン中ですね
うん、楽しかったよ~
そうなんでけど、ちょっと睡眠不足で
仕事中に眠くなってきてまして。。(´。`;)

あ、贅沢ですね。いけるときに行っておかなくちゃ~って
いってもなかなか実行できるものではありません。
いい、旅をさせていただきました。

パート4も見に来ました(^^ )

こんにちは~こまつなさん
ちょっと野暮用の連続で遅くなってしまいました
先日、ちょこっとだけ拝見させてもらっていましたが
書き込みする時間がなくて、今になってしまいました
珍しくて、可愛い小さなお花たち 見せていただいて、楽しませて
もらいました
ヤマヤマなんて名前が最初に来るなんて、なんか面白くていいなあ
パート4の中で、一番好きだったのは
夕暮れの日の中に咲く、ワニグチモダマ
名前はちょっと覚えにくそう(^^;だけど
この写真が一番いいなぁ~と思いました
こまつなさんがおっしゃるように、ぼんぼりのような花が咲いたら
可愛いでしょうね
夕暮れを背に、なんだか切なくなるような
一枚

それから、蛍を見に行かれたそうですね
綺麗だったでしょう~
ロマンティツクだなぁ~
蛍はみずの綺麗な場所にしかいないですものね

次もまたアップされたら
見にきま~す
ありがとう

ゆりさん、おはよ~ 
今日は寝坊をしてしまいました。遅刻かも。。(;^_^A
といいながらパソ開いていますが。。

ワニグチモダマの写真、私も気に入っています。
太陽を浴びた写真、カンカンのお天気でも、こんなやさしい夕暮れも
どっちも好きです。上手く表せていけたらもっとたのしいのですが。。
後半もまたがんばりますρ(^◇^)ノ

シランの写真とコメントを読んで。。。。
思わず、ジーンとしてしまいました。。。

>と思ったら二株がくっついていました

母は、花が好きで、シランも好きと聞いたのを覚えていたので。。。
父と仲が良く。。トシを考えたらそうなんですが、母はまさか、父が亡くなるとは。。。
俳句でも、亡くなった父のことを、詠んだものが多く。。。
父と母が寄り添っているかのように感じてしまったのです。

写真、そして、その状況等、見る人間にとって、大切なものを与えてくださいます。

いつも、お邪魔していたのですが、カキコミ残さず、失礼していました。。。。(__) 
今回、こんな、オモタイカキコミで、<m(__)m>
次回は、変身?しま~す^^;

tomatoさん、こんばんは。
南のその又南の島なんですが、花や景色の魅力は誰にでも平等ですね。
見る人によって視点が違ってくるし、その魅力の感じ方もそれぞれ違っていて。。。
私もホタルの灯りを見たときに、小さい頃の懐かしい感覚を思い出したようで、ちょと感傷に浸りました。
見にきてくださってありがとう♪
どんなtomatoさんでも歓迎です(=^ェ^=)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索