私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

高尾山・奥多摩の野草 2013.4.13~

セリバヒエンソウ キンポウゲ科
噂は聞いていたので見たいなと思っていましたが、奥多摩の方であっちこっちで咲いていました。
セリバヒエンソウ2013.4.14-1

ヒエンとは飛ぶ燕の意味らしい。そんな風に見えなくもない可愛い花。
セリバヒエンソウ2013.4.14-2

ミヤマカタバミか、カントウミヤマカタバミか葉の裏や蒴果の形で違いが分かるらしいけど未確認です。
ミヤマカタバミ2013.4.14

ミヤマシキミ ミカン科
沖縄にはリュウキュウミヤマシキミがありますが、こちらの方が少し低い様です。
ミヤマシキミ2013.4.14

カタクリ ユリ科
一輪ずつパラパラと咲いてました。これはタチツボスミレと一緒に。
カタクリ2013.4.14

コハコベ ミヤマハコベ ナデシコ科
直径5~6mmnお小さな花。高尾山でなくても見られると思いますが可愛かったので撮りました。
コハコベ2013.4.13

コメント欄でみっちゃん先生からミヤマハコベではないかというご指摘を頂きまして、葉柄や葉の毛などを見直しました。拡大画像を追加します。
ミヤマハコベ2013.4.13-2


これで高尾山・奥多摩でみた野草も終わります。特に珍しいものではなかったですが、記録として残します。
すみれの方はもうちょっとだけ続きます。
スポンサーサイト

コメント

コハコベ

 お帰りなさい。いや、お疲れさまと言うべきかもしれませんが…。
 コハコベとされたもの、森林性で葉色が濃く、葉柄が長いのと、葉の基部が切型になり葉の表に肉質の毛が見えますので、ミヤマハコベではありませんか。

>みっちゃん先生

こんにちは~。日影沢の湿った所の草地で見たものです。
ミヤマハコベというのがあったのに気が付きませんでした
画像を見直してみると確かに葉柄が長めで、葉と共に白い毛がたくさんありました。

先日は母をつれて熱海の温泉と車で東京観光して来ました。
僅かにのこった熱海の海岸を散歩して、東京はトラさんの街に行って来たので母はごきげんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索