私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

高尾山へ2013.4.13(2)

ヤマルリソウ ムラサキ科
少し湿った暗い感じの所に生えていました。いつも目をひかれる可愛い花ですよね。
ヤマルリソウ2013.4.13 ツルカノコウソウ オミナエシ科
気がつけば小さい花ばかり撮っていました。
ツルカノコソウ2013.4.13-1

ツルカノコソウ2013.4.13-2

岩の下の方で小さなシダを見つけました。
ヒメイワトラノオではないでしょうか。→ヒメイワトラノオ
チャセンシダ科 チャセンシダ属
resize21108.jpg
裂片は鈍頭、たまに尖っているのもある。
resize21109.jpg
影を作って撮りました。泥の中を這っているような生え方。
resize21111.jpg
胞子嚢群は裂片の辺縁ではなく内側に付いている様だ。
resize21104.jpg
スポンサーサイト

コメント

高尾山の植物2

 ヒメイワトラノオで良いですね。私は高尾山では見ていないので、驚きました。裂片が丸みを帯びること、ほぼ2回羽状で葉は両側が平行状になることは、イワトラノオと区別するときに大切な特徴です。めったに見られるものではありません。これも、ヤマルリソウも(ついでに、ホタルカズラも)石灰岩好きの植物。ツルカノコソウも石灰岩・緑色岩地帯でよく見ます。
 中央構造線は松本あたりで折れ曲がり、茨城付近へ抜けています。つまり高尾山は、徳島県や宮崎県と類似の地質なのです。

>みっちゃん先生

これに似たシダが他にもあったのでどうかな~と自信はなかったのですが、チャセンシダ科の中から該当しそうなのを探しました。
名前があってて嬉しいです。特徴をもう一度確認しておきたいと思います。
ホタルカズラ、どこかで見たなぁ~と思って探したら昨年広島で見ていました。その時ヤマルリソウも一緒に見ていました。ツルカノコソウも含めてみんな同じ環境に生えるのですね。
植物の形状だけでなく同じ地質から植物を検索する。。とても勉強になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索