私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒロハミヤマノコギリシダ

メシダ科 イワデンダ科 ノコギリシダ属 
 
イワデンダ科→メシダ科 いつの間にか科名が変わっているようです。
追:みっちゃん先生より、イワデンダ科とメシダ科は同じだそうで、変わったわけではないという事になり、メシダ科にしてありましたが、イワデンダ科に戻す事にします。

山地の湿った林下で見せてもらいました。こちらでは個体数の少ないシダだと思います。
ヒロハミヤマノコギリシダ2013.03-1
葉身は2回羽状だが、羽片は全~深裂。
ヒロハミヤマノコギリシダ2013.03-2

下部羽片には柄があり、上部の羽片には柄がありません。葉は厚ぼったい感じがしました。
ヒロハミヤマノコギリシダ2013.03-3

胞子嚢群は三日月形で中肋から辺縁まで伸びるが、これは中間ぐらい。
ヒロハミヤマノコギリシダ2013.03-4

ヒロハミヤマノコギリシダ2013.03-5

根茎は短く横走、みる事は出来なかったが黒褐色の麟片がある。
ヒロハミヤマノコゴリシダ2013.03-6

葉柄は緑色~わら色で基部は黒っぽい。
ヒロハミヤマノコゴリシダ2013.03-7
スポンサーサイト

コメント

ヒロハミヤマノコギリシダ

 羽片基部の裂片が小羽片状に独立する面白い型ですね。ヒロハミヤマノコギリシダ(別名タカサゴノコギリシダ)で間違いはありません。種としては本州にもあることになっていますが、こんな深裂型はやはり屋久島以南に行かないと無理です。
 イワデンダ科とメシダ科は、同じでは? もとはメシダ科といいました。Woodsiacceaeを訳せばイワデンダ科。Athyriaceaeはメシダ科。じゃ、どちらを選ぶかという話になりますが、イワデンダ類がメシダ類とまったく別系統という話も聞きませんので、私はイワデンダ科を使おうと思っています。

イワデンダ科とメシダ科

イワデンダ科とメシダ科は同じ・・・ (◎_◎)
こまさん、みっちゃん先生こんばんは。
私はメシダ科というのがあるのは知っていたけれど、自分の目次にメシダ科がないことにはじめて気がつきました。

ヒロハミヤマノコギリシダって、ウスバミヤマノコギリシダともよく似てるのですね。こんなにはっきりくっきりしたヒロハミヤマノコギリシダでないと、私にはわからないみたいです。

>みっちゃん先生

こんばんは~~
イワデンダ科とメシダ科は同じ・・・ (◎_◎) 。(pandaちゃんのぱくり。。)
私もイワデンダ科にしてあったのですが、最近同じだと知らずに変わったのかなと思って直していました。そしたらイワデンダ科がなくなってしまって。。 替えなくても良かったのですね。
図鑑をみると三重・広島・鹿児島県にあるようですが、こんなに深裂ではないのですか、羽片基部の裂片はコロンとして可愛かったです。

>pandaちゃん、

こんばんは! 長崎にはウスバミヤマノコギリシダというのがあるのですね。pandaちゃんの所で拝見して来ました。
やっぱり触っても薄いのですね。それに裂片の先が尖っていたので大分雰囲気が違うなぁと思いました。
比較が出来ると面白いですね。
明日の午後から出かけて来ますね。関東のすみれが目的ですが、シダも目に入って来るだろうなと思っています。
でもきっと名前は全然だと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索