私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イヌカタヒバ

イワヒバ科 イワヒバ属

八重山地方の石垣島や西表の林下や湿った岩に生えていて、沖縄本島では見られないシダです。
この写真も西表へ行った時に撮ったものですが、カタヒバととても良く似ていて何処を区別して良いかを考えている時に、たまたますみれ会の知り合いから鉢植えをもらい、それがイヌカタヒバと教えて頂いたので、画像と見比べるのに丁度良かったです。
イヌカタヒバ2013.02-1 根茎が泥や岩上の苔の間を這ったあと茎が分岐して葉柄状になり、その上で葉身状になります。
カタヒバに比べて葉に艶がない事も特徴。胞子嚢穂は小枝に頂生する。この葉の画像は上から撮りましたが、見えにくいですが、小枝の途中から上に向いて胞子嚢穂が出て来ています。
拡大したらソーラスがどうにか写っているのが確認出来ました。
イヌカタヒバ2013.02-2

岩のくぼみを覗いたら先が赤くなっているのがありました。
イヌカタヒバ2013.03-3

これは殖芽だと思います。pandaちゃんのイヌカタヒバを参考にさせてもらいました。
イヌカタヒバ2

あと現場では写せなかったのですが、家の鉢の写真です。
腹葉の縁に鋸歯。背葉の縁に白い微毛と先が芒状に尖る等が特徴。
イヌカタヒバ5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは先日撮った渓流のカタヒバです。カタヒバは枝の先端に胞子嚢穂が出来ていました。
カタヒバ2013.03-1

中にソーラスも入っていましたが、どうにか分かる程度でこれ以上は寄れませんでした。
カタヒバ2013.03-2

イヌカタヒバ八重山地方にしかないというのに、園芸種で出回り、今は野生化してしているとの事、自生地もどんどん増えてくれると良いのですが。
スポンサーサイト

コメント

こまさん、ありあがとう。
イヌカタヒバではしこたま悩んで、まだ結論が出せずにいます。それで、こまさんの背葉周辺が白っぽくなっているのをみて思い出しました。紅葉したカタヒバの押し葉の背葉をみてガラス質の部分があるか?確認しないといけなかったこと。・・・う~ん、まだ判別できそうにありません。(ToT)
まだまだ私の流浪の旅は終りそうにありません。

>pandaちゃん

おはよ~。
現場では特徴が頭に入っていれば、細かい所の観察ができるけど、私はやっぱり見逃したりが多いです。撮った画像で図鑑と照らし合わせてみたりで、pandaちゃんのイヌカタヒバがとても参考になりましたよ。今回は鉢があったので現物を目の前においてやったので楽でした。
イワヒバ科とコケシノブ科はまだいっぱい残してあるけど、ほんとにややこしいですね。避けてきたけど、いつか通り越さないといけないし。。がんばろ~~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索