私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

クサマルハチ

これもだいぶ前から決めかねていたシダなんですが、やっぱりクサマルハチだ!と自分に言い聞かせています。もうやんばるでは何か所かでみていますが、1月にわりと大きいのを見かけたので特徴が当てはまりそうなので載せてみました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クサマルハチで良いそうです。(みっちゃん先生にコメントで回答して頂きました)世界最小のヘゴ。根茎は常に這い、けっして直立しないことも重要な特徴なんだそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

resize20401.jpg 今まではずっとこの位の大きさのばっかり見ていました。ヘゴ科なのでどうしてもクロヘゴの姿が頭に浮かびますが、幹を作る事はないという事でひとまず。。あとは良く似ているチャボヘゴとの違い等がポイントかなと思いますがこの姿ではチャボヘゴも連想出来なかったです。
resize20405.jpg

葉身は2回羽状ですが、最下の羽片の小羽片がかなり切れ込んで基部あたりは独立している様に見える位です。深裂~全裂の範囲に入っていると思います。
resize20407.jpg

根茎の麟片ですが、褐色で光沢がある。
resize20414.jpg

胞子嚢群には胞膜はなく、裂片と中肋の中間につく。
resize20412.jpg

後は裂片の辺縁に鋸歯がある事。以前にみたチャボヘゴにはこれ程の鋸歯はなかったと思うので、ここも決めてかなと思うのですが。
resize20413.jpg

葉脈の途中に胞子嚢群が付いています。
resize20402.jpg

これは昨年8月に見たもの。
resize20398.jpg
根茎の麟片はやっぱり同じです。
resize20399.jpg
みっちゃん先生、クサマルハチで合っていますか?
スポンサーサイト

コメント

クサマルハチ

大正解。沖縄ではマイナーな存在ですが(ヒカゲヘゴなどに比べて、です)、最初に三重県で見たときには大感激。世界最小のヘゴですもん。根茎は常に這い、けっして直立しないことも重要な特徴です。

>みっちゃん先生

先生~!! 正解でしたか、嬉しいです。ちょっと自分的には感激しています。有難うございます!
昨年は山で見かける度に わからん。。わからん。。(ノД`)・゜ で過ごしていました。最近葉脈がクロヘゴにも似てるなと思うようになってはいたんですが、いまいち自信はなかったです。
先日四国でこのシダを撮ったと聞いた知人に画像を送ってもらい、自分が今まで撮っていたのは大分小さなものばっかりだった事に気が付きました。
クサマルハチのクサとは草本のクサという訳なんですね。マルハチとは全然にていませんけど。。
世界一小さいヘゴなんですか~。
>根茎は常に這い、けっして直立しないことも重要な特徴です。
これは忘れない様にきちんと追加しておきます。

クサマルハチ

こまさん、みっちゃん先生、こんばんは。
クサマルハチのことは和歌山で聞いていたので存在は知っていました。小さいヘゴなんですね。この1枚をみても私にはヘゴの仲間とは見当がつきません。それだけでもこまさんスゴイ!そして、色々調べてクサマルハチにたどり着くのだもの!

私は沖縄で一目見てヒカゲヘゴ!と決めたので、細部の写真も撮ってなくて、今日はヒカゲヘゴをアップしようと思っていたのに、調べ始めたら・・・ヘゴのこと何もわかっていないことに気がつきました。図鑑を見てこまさんが悩むわけがわかりました。

>pandaちゃん

いま、ヒカゲヘゴを拝見してきました。大きいシダだから、山の風景と合わせてみるほうが雰囲気がいいですね、良い感じでした。
クサマルハチは山に行って見かける度に、”これはあの分からないシダ”と長い間フォルダを眺めては又閉じたりを繰り返していたけど、急に名前が浮かんで来てからは、今度は"違うかも知れないと" と、こんな調子でした。
みっちゃん先生がすっきり回答して下さるので、ほんとに有り難いと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索