FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒメシシラン?→ヒメシシラン

イノモトソウ科 シシラン属

先月渓流を歩いてて小さなシシランを見つけました。初めはシシランのまだ子供だと思って撮ったのですが。
resize20339.jpg

この株の一番長い葉で17~18cm。短いのは6~8cmでした。
resize20374.jpg

でも小さいのにちゃんとソーラスが葉の縁に付いていたので、気にはなっていましたが後からわかったのですがヒメシシランというのがあるらしく。。 でも図鑑では沖縄本島は自生地には入っていないのでどうかなぁと思いますが。。 この葉の幅を測りましたが3mmです。
resize20344.jpg

画像が鮮明ではないですが、シシランとの違いは中肋がはっきりしないという事。
resize20347.jpg

これは1月に撮ったシシランの葉裏の様子で中肋がはっきり盛り上がっているのが分かります。勿論幅の大きさも違います。やっぱり↑のはヒメシシランで良いのではないかと思います( -人-)( ーノー)o。
シシラン2013.01-2
スポンサーサイト



コメント

ヒメシシラン

「おや、まあ」という感じですね。小笠原にあるのですから、本島にあっても何も不思議ではありません。ソーラスのつき方はアマモシシランと同じで、葉の縁に開いた深い溝の中にできます。この点で少し面生に変化したシシランやナカミシシランとは、はっきり違います。
 問題は、手元にアマモシシランとヒメシシランのサイズ以外の違いを書いた文献がないこと。根茎の鱗片などがどう違うのか、わからないのです。でも、これだけサイズが違えばアマモシシランということはないでしょうね。

>みっちゃん先生

先生、こんばんは~ 早速有難うございます。
屋久島と八重山地方にあれば沖縄本島にあってもそんなに珍しくはないという事なんですね。
岩に付いていたので根茎の麟片などは見ていなかったので、機会をみて確認しておきたいと思います。
それからアマモシシランもまだ見た事がないので、いつか見る事ができたら、やっぱり根茎の所も気をつけます。
ナカミシシランはpandaちゃんの所で拝見して来ました。Vですね^^

シシラン

こまさん、みっちゃん先生こんにちは
シシランにも大きいものから小さいものまで色々あるのですね。ソーラスのつき方の違いも勉強しましたφ(・・。)ゞ ウーン

沖縄の海岸植物のことがだいぶわかってきました。いっしぃさんもそそのかしたし、いつか、ヤンバルの森の中も歩けるような日が来ることを願って、こまさんのブログをみてます(^O^)/

>pandaちゃん

こんにちは~。沖縄シリーズを楽しく拝見しています。
やんばるの山の中はゴチャゴチャしているけれど、九州以北よりもまだまだ野生ランとかは多いらしいです。長崎とは類似するのもありますけど、また変わったのもありますよ。
シダも雰囲気が違ってると思うので退屈はしないかも。。
いっしいさ~ん、pandaちゃんと一緒に見に来てね^^//

アマモシシランは私もまだ見た事はなかったですが、単にシシランの大きいの位の感覚でした。
ヒメシシランも知っていたらもっと細かく撮っていたのに。。と悔いが残ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索