FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シマムカデシダ

ウラボシ科 チョクミシダ属

八重山諸島の渓流の岩上でみました。図鑑では科、属名共に別名だったので最近変わったのでしょうか。葉身は厚みがあり、なかなかインパクトのあるシダですね。
シマムカデシダ2013.02-1

葉身は狭披針形、長さは15~30cm位で、上方、下方共に狭くなっています。
シマムカデシダ2013.02-2

確かにムカデの姿だなぁ!
シマムカデシダ2013.02-3

胞子嚢群は即裂片→側裂片の辺縁にコップ状のくぼみに着いていました。
シマムカデシダ2013.02-4

葉脈ははっきり見えず、毛は多い。
シマムカデシダ2013.02-6

葉柄は1cm位らしいが良く見えませんでしたが短い開出毛は多かった。
シマムカデシダ2013.02-5
スポンサーサイト



コメント

シマムカデシダ

 可愛くととのっていて、そのくせどこか不気味。一度見たら、忘れられないシダですね。その感じが、写真にはよく出ています。
 DNA分析の結果、ヒメウラボシ科は消えました。それを認めてしまうと、エゾデンダ類やカラクサシダ属以外の「ウラボシ科」を別の科として新しく作らなければならないからです。それも乱立で、です。つまり、分かりやすく言えば、ヒメウラボシ科はイワヤナギシダやアオネカズラと並んで、ウラボシ科の小さなメンバーに過ぎなかったということ。
 チョクミシダは東南アジアから台湾にまで知られている近縁種ですが、ソーラスが葉縁にではなく少し内側に入ったところに出来ます。その点でキレハオオクボシダに似てきますから、シマムカデシダの仲間をキレハオオクボシダ属に入れてしまうという意見にも一理あります。
 シマムカデシダは葉縁のポケットにソーラスが出来るという点で、ウラボシ科の中でも特異です(本文中に「即裂片の辺縁のポケット」という言葉が出てきますが、これは「側裂片の辺縁のポケット」のまちがい?このほうが実感はでているのですが…。)ウラボシ科にもこんなものがあるところから、「シノブ科とウラボシ科とは、案外近縁なのではないか?」という意見が昔からあり、DNA分析によってそれが裏付けられました。

>みっちゃん先生

お早うございます。 今日は暖かく晴れ~です。
ヒメウラボシ科が無くなった理由は単に小さくてもDNA分析に寄れば同じと言う事で統合されたのですね。
更に属が、似ていてもそれぞれで、同じではないという所も面白いです。
台湾にはチョクミシダがあるのですね。どんな姿なのか興味がわいてきますが、画像が探せませんでした。
即裂片は側裂片のタイプミスでした。即訂正します^^;。
今回、ぽっかり空いた側裂片のまだソーラスがついていないポケットを写すのを忘れました。
ソーラスを見て喜んで写していて、後で気がついてまた反省です。
そういえば、シノブもキクシノブも辺縁のポケットでしたね~
見る角度というか、見るポイントをもっと知っておかないと、せっかく出会っても見ないで終わってばかりで。。

チョクミシダ

 いくら一度日本領で和名が残っているといっても、台湾でのかつての呼び名を標準属名にするのはやめてほしいですね。私もチョクミシダと聞くより学名でいわれるほうが、まだ実物が目に浮かびます。
 そんなわけで、チョクミシダは学名Prosaptia khasyanaで検索してみてください。あまり良い画像は無かったかもしれませんが、チョクミシダで調べるよりはマシです。

>みっちゃん先生

学名で調べてみたら、幾つか画像を探せて見る事が出来ました。
似た様な環境に生えているんですね。
姿も似た感じでしたが、ソーラスの位置が違っていました。
シマムカデシダは八重山諸島の一部にだけ生える珍しいシダなので、もっと分布が広がってくれたら良いのですが、根茎が意外と弱そうな印象なので、台風や大雨洪水などに負けずに育って欲しいです。

おはようございます

お洗濯日和の日曜の朝、頑張ってます (^_^;)ゞ

こまさん、このシマムカデシダは可愛くて好きです。ウラボシ科なんですね。みっちゃん先生の解説を聞いていると、科と科のつながりとかわかってきておもしろいのですが、長崎にもシマムカデシダいないかなぁ・・・うらやましいなぁ みてみたいなぁ・・・
と、思います。

でもうらやましがってもしかたないので、こまつなさんが見てみたいなぁと思うようなシダを探さなくちゃね。とはいっても中途半端な長崎・・・ (┯_┯)

>pandaちゃん

こんにちは~ こちらも今日も良い天気です。
私も終了しました(ノ・_・)ノ凹 ┣凹━凹━凹┫オセンタク♪

シマムカデシダは辺縁のポケットのソーラスが丁度花が咲いたみたいで良い感じでしたよ。
初めてみるシダはとにかく嬉しさが先に来てテンションが上がりました~♪
長崎も私にとってはみたいシダばっかりですよ。
pandaちゃんのシダ一覧、いつも眺めてばっかり^^;
沖縄と違ってシダらしい綺麗なシダが多いですよね。
沖縄のは個性派が多く、面白いのが色々ある様な気がします。
ちょっと気分を変えたい時は是非来て見て下さいね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索