FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホソバカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属

やっと見る事が出来ました。最下の下向きの羽片が著しく大きい姿が良く分かりました。これは羽片が5対。10対まである大きな個体もあるらしい。
ホソバカナワラビ2013.02-1

ホソバカナワラビ2013.02-2

真中にある立った姿のが胞子葉。
ホソバカナワラビ2013.02-3

葉の表面には毛は無く表面は艶があるけど、葉裏の軸は長い毛が付いてます。
ホソバカナワラビ2013.02-4

葉柄、各軸に赤褐色の麟片がありく、基部は尚多かったです。
ホソバカナワラビ2013.02-5

胞子嚢群は辺縁と中肋の中間あたり。
ホソバカナワラビ2013.02-6

有る所には有るもんだなぁ!。。(o^^o)♪
ホソバカナワラビ2013.02-7
スポンサーサイト



コメント

こまさん、こんばんは

ホソバカナワラビだ~♪
沖縄のホソバさんは、長崎のと比べるとちょっと毛深くて、切れ込みが浅いみたい。同じくコバノカナワラビも切れ込みが浅かったから同じ傾向があるのかな?暖かくなるとシダもおおらかになるみたいだね。なんだか、そういうところが楽しいわ♪

>pandaちゃん

おはよ~♪ 
そうそう、かなり毛深かったですよ。長崎のはそうでもなかったよね。
カッコいいには違いなかったですけどね。
あんなふうに群生するものなのかな~。今まで湿った所ばっかり探していたけど、そうでもないみたいです。沖縄本島でも似た様な所で見られると思うので、探してみたいです。

ホソバカナワラビ

 こんなにわかりやすいホソバカナワラビを見るのは久しぶり。図鑑などでときどき「二回羽状」と書かれるのは、こういうタイプをいうのです。長く伸びる小羽片をいれると、本当は三回羽状なのですが(じつにいいかげん)。
 私は沖縄県ではホソバカナワラビに出会った覚えがないのです。私があまり行かなかった海岸部のかなり乾燥するところにあるのだと思いますが、それでも少ないのには違いないのでは?
 群生するのは、根茎が長く這って無性的に増えるから。コバノカナワラビやホザキカナワラビと好対照ですね。

みっちゃん先生

おはようございます。やっぱり本島は少なかったのですね。山をあちこち歩いて、何かしら有るかも知れない的な探し方ではなくて、生えている場所の勉強も大切なんだなと思いました。
今、宿題実行に向かっている途中です。そういえば、ヤエヤマカグマも再確認にいかなけば、、^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索