私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ハマカブラ

アブラナ科 アブラナ属
島中と言って良いほど良く咲いていました。初めは菜の花?と思ったのですが、「マーナ」という返事が帰ってきました。これは沖縄での呼び名で、和名はハマカブラだそうです。やっぱり菜の花と同じ様に食用にするらしいです。2日目は晴れだったので、陽の光に鮮やかな黄色が映えていました。

ハマカブラ2013.02-1

青い海とも良く合いますね。高さは20~60cm位。根を砂の中に良く伸ばして生える。浜カブラの意味は浜に生えるカブの意味だそうです(沖縄植物野外活用図鑑より)
ハマカブラ2013.02-2

ハマカブラ2013.02-3

ハマボウフウ
セリ科 ハマボウフウ属
ほとんど胴体は砂に埋まってしまい、葉の上部と茎頂の話しかみえません。それでもちゃんと花を咲かせていました。この島に吹き当る風の強さは半端ではなく、海辺の植物がすっかり埋まってしまうだけでなく、噴き上げる潮風と砂が対面する山の上まで上がって行くのだそうです。(宿泊先の女将さんのお話)実際、砂が山の斜面にあったので何故かな??と見ていたんですが、その訳が分かり、海風の強さを想像しました。
ハマボウフウ2013.02-1

ハマボウフウ2013.02-2

ハマダイゲキ(スナダイゲキ)
トウダイグサ科 ニシキソウ属
これもきっと根っこは深く刺さってるんだろうなと思いました。
ハマタイゲキ2013.-2-1

自分で日影を作って小さい花を探しました。
ハマタイゲキ2013.-2-2

良く見ると小さな花が結構咲いていました。
ハマタイゲキ2013.-2-3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索