私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

悩ましいシダ2

う~ん??分からないシダがありました。近くにあるヘツカシダと同じくらいの大きさで、頂羽片も大きいし、羽片に切れ込みがあります。
resize18689.jpg
変わった頂羽片です。やっぱり交雑種かなと思うけど。
resize18691.jpg
高さは60~70cmで割と大きかった。下の方の羽片には柄があり上半分は下側が中軸に流れてくっついています。
resize18702.jpg
羽片の基部は大体切り形~くさび形。頂羽片の基部あたりに見おぼえがありました。エラブ?
resize18695.jpg
ソーラスはオオコウモリシダ風。
resize18697.jpg

resize18701.jpg
頂羽片の辺縁のソーラスは円形。エラブオオコウモリシダと言う名前があるのか知りませんが。それともオオコウモリシダの変異種でしょうか。
resize18711.jpg

追加
根茎は黒色で麟片は少なく、葉柄基部は褐色の麟片。
resize18704.jpg
羽片はほとんど無毛、中軸、羽軸に少なめに毛がありました。
resize18712.jpg
スポンサーサイト

コメント

悩ましいシダ2

 エラブコウモリシダグループであることは間違いないと思いますが、オオコウモリシダが関係しているかどうかは、いまひとつよくわかりません。近くにありましたか?羽片基部に柄がほとんど見られないことも、気になるポイントです。エラブコウモリシダと言われるものにも、相手がヒトツバコウモリたったりケホシダだったり(場合によってはコバザケシダなどだったり?)するものがありえるわけで、毛の状態も慎重に調べる必要があるでしょう。
 いずれにしても、ここまで切れ込むものは珍しいです。継続観察をされますように。

>みっちゃん先生

先生、こんばんは~。早速ありがとうございます。
このシダはこの一か所にだけ固まって生えていました。これは上流付近の渓流の横の土が溜まった所です。
Kunzyan.Sは面白いです。なかなか本命は見つかりませんが、こんな風に思わぬ収穫もありました。
いま、根茎と羽軸の毛の様子を追加しましたが、周りには色々あった様な気がするので、ヒメシダ科を中心にまた観察して来ます。

エラブコウモリシダ類

 お早うございます。
 追加してくださった根茎の写真を拝見して、驚きました。ここまで根茎が詰まって(葉が密集して)いるのは、単純なエラブコウモリシダとしては異常です。コウモリシダもヒトツバコウモリシダもケホシダもホシダも、もっと細めに長く這うからです。葉の基部が楔形になる傾向もエラブコウモリシダにしてはおかしいと思います。オオコウモリシダ(葉はかなり密集してつく)が相方か、コバザケシダ(根茎は短く固まる)との関係を真剣に考える必要がありそうですね。いずれにしても、未知の雑種である可能性が高いです。まさか低温で根茎が伸びにくい時期の葉ということはないと思うのですが…。

摩訶不思議

こまつなさん、こんにちは
沖縄のシダは、まったく摩訶不思議・・・ ^m^
ソーラスのつき方も、葉の形もおもしろい。
長崎のシダからは連想できません。
おもしろ~い!けど、沖縄に行ったら一から勉強しないと
まったく理解できなさそうです。
何回行っても、新しい発見がある谷ってありますよね。
Kunzyan.Sはそんなところですか?

>みっちゃん先生

だんだんと、探検隊らしくなってきたぞ~(o^^o)ふふっ♪
沖縄の気温は今頃で大体15~20℃位で、たまぁ~にあの辺りは10℃を切る日がある位です。その位でも低温の影響ってあるのかどうか、良く分かりませんが、とにかく周りのシダはどういうのがあるか、またこれからの成長の具合など経過を見てみたいと思います。
>未知の雑種である可能性が高いです。
こんなのって、ほんとに楽しいですね~♪

>pandaちゃん

実はこのシダを見た時、妙におかしくなって笑いそうでした。
「なんだ!おかしいなぁ~おまえは!」って感じです。
以前にみっちゃん先生にエラブコウモリシダを教えて頂いてなければ、このシダも知らずにスルーしていたかもしれません。
Kunzyan.Sは勿論正式名では無いですが、わりと大きな渓谷なのでまだまだ何かありそうだなって思っています。
生え方も長崎のシダよりも、勝手に好き放題に伸びたりしています。でも体は大きいけどpandaちゃんの知ってるシダもいっぱいあると思いますよ^^

沖縄の春

 今日こちらは寒く、昼でも3℃くらいでした。沖縄は今が春の真っ最中ですね。うらやましい。せめてpandaちゃんところくらいに早春の花がさいてくれれば…
 くんじゃん森(むい)なかぬ 懐(ふちゅくる)にいりてぃ 花小(ぐぁ)尋めゆきてぃ 遊ぶ嬉(うり)しゃ
 首里語ですみません。

>みっちゃん先生

美しい首里ことばで謡を有難うございます。
首里といえば都、文化も沖縄の京都といえるし。。。
ほんとうはみっちゃん先生は沖縄の人??(あ、冗談です。すみません(´。`;)

やんばるの山奥で姿恰好はこんな優雅な訳はないですが、
楽しんでわいわいとやっています。
ちょっと涼しいけど沖縄の春、今が一番かもしれません。
涼しいし、気持ちいいです。ハブもすくないし。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索