私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

リュウキュウイノモトソウ

初めは小さなマツザカシダか?と思ったのですが、良く見るとリュウキュウイノモトソウの様で、斑入りでした。
リュウキュウイノモトソウ2012.12-1

石灰岩で出来た岩の周りではよくこのシダは良くみます。イノモトソウはまだ見た事がないですが、軸に翼がない事で区別出来そうです。斑が入るとマツザカシダにも似ているなぁと思ったけど大きさが違いますよね。
リュ3キュウイノモトソウ2012.12-3

胞子葉の羽片の幅は4mm。
リュウキュウイノモトソウ2012.12-2

栄養葉。
リュウキュウイノモトソウ2012.12-4

リュウキュウイノモトソウ2012.12-5


スポンサーサイト

コメント

リュウキュウイノモトソウ

 ええ!(絶句のつもり) 日本ではフイリリュウキュウイノモトソウは野生絶滅になっていたはずです。この写真を拝見すると、まれに栄養葉の側羽片が二対ありますが、リュウキュウイノモトソウに間違いないようです。しかも一株ではない… 大変な再発見です。場所は秘密にしておいて、胞子繁殖をだれかに相談してください(遺伝性です)。だれも見つからないようでしたら、私が引き受けます。

>光田先生

ヽ(*'0'*)ツ ワァアォ!! 先生、ホントですか!
斑入りを見たのは初めてですが、リュウキュウイノモトソウはどこにでもあるので、一応アップしてみるか~ 位の感じでした。
この場所は大きくない岩の周りの半分位に生えていましたが、それ以外は無かったです。場所は誰にも言いません。

。。でシダを繁殖されている方の知り合いは誰もいないので、先生に引き受けて頂いた方が安全と思います。
あとはメールにて業務連絡致しますね。え~とメール。。

リュウキュウイノモトソウ

 リュウキュウイノモトソウはイノモトソウ同様に人家の近くにも平気で生えます。自生地の100m以内に温室があったり栽培(園芸で流通していることがあります)している人がいれば逸出の可能性もありますから、あとで確認してください。岩は隆起サンゴ礁のように見えますが、人家の近くですか?
 万一逸出の可能性があっても、断定はできません。繁殖して系統を保存しておくことが大切。胞子が熟していそうなものを探して、あれば上記のメアドに連絡してください。

パチパチ

こまつなさん、こんにちは
大発見ですね、斑入りのマツザカシダはきれいだから、このリュウキュウイノモトソウもきれいなんだろうなぁ、なんて想像しています。見つけようと思って探すのは大変だけど、自分では気がつかず大切なシダに出会って、それを光田先生に大発見だ!なんて言ってもらえることは、とてもうれしいことです。私達って恵まれていますよね、ほんとに・・・自分のことのように感謝の気持ちがいっぱい。
環境が変わったり、盗掘されたりして絶滅してしまう植物をひとつ救ったんですね。よかったね。

>光田先生

先生、こんにちは。
自生地に関しましては、先ほどメールにて送りました。
何気なく撮ったので、こんな事になるとは。。ドキドキしています。
周りの状況を再確認して、またご連絡を差し上げたいと思います。

>pandaさん

こんにちは~!  マツザカシダは自生地でも斑入りが多く、良く見ていたのですが、これは初めてでした。小さいけどとても綺麗でしたよ。8枚位を3分で撮って通り過ぎていたのですが、先生に教えて頂かなければ、それで簡単に終わっていた所です。
うれしいですね、先生のおかげです。数は少なかったので、大切に見守りたいと思っています。
先生とpandaさんに感謝です。

  はじめまして!

 フイリリュウキュウイノモトソウを検索して
ましたら、こちらにヒットしました。

 私も山に行くと斑入り植物を時々見かけ
ます。全く学のない私の意見ですが斑入り
は突然変異などで生まれると聞いてますが
フイリリュウキュウイノモトソウは絶滅種と
なっておりますが、元の個体のリュウキュウ
イノモトソウが自生している限り斑入り個体
は出てくるのではないでしょうか?それを
絶滅種とするのは矛盾していると思うの
ですが。何か別の視点での絶滅種なので
しょうか?もしお解りなら教えてください。

 ちなみに先日、オークションでもリュウ
キュウイノモトソウがでてました。「模様葉」
となっていましたが多分フイリリュウキュウ
イノモトソウだと思うのですが。確か名護産
の山取りだとか。困ったもんです。

 長々とすみませんでした。楽しいブログ
ですね。時々拝見いたします。

>ポポ 様

はじめまして!ようこそお出で下さいました。

よく周りで見かけるリュウキュウイノモトソウにも斑入りが出る可能性があるのでは、という事なんですよね、
なんとお返事たらいいのでしょうか。。
植物に斑が入るのは突発的な事なのか、何か理由があっての事だとは思いますが、その可能性は全部に当てはまるのか、そうでない物もあるのか、そのへんの詳しい理屈は私にはよく分かりません。

自生の植物で斑入りの種類があって、それが園芸用に採取されて絶滅してしまった。結果、園芸用は繁殖され、一部は野生化しているというのは、他の植物でもあるので、私は今回もそんな感じで受け取っています。
絶滅したという事は過去には園芸でないのがあったという事だと思いますが、自生か、そうでないかを調べる方法があれば簡単ですけど観た目だけでは難しいのかも知れません。
今回見つけたのは、周りに民家はなく、古い歴史のある場所で、今も昔の姿を残した様な場所です。それしか言えませんが。

調査というのは定期的に国のそれなりの役目を負った方がされると思いますが、もし、ぽぽさんの周りでも野生種もしれないそういう個体がありましたら教えて頂けたら嬉しいです。

シダに興味をもち、観察を始めてまだ日が浅いので、ご質問のお答えをするのは私には難しいですが、シダについての情報を教えて頂けるのは大変ありがたいですので、宜しくお願い致します。

名護産の山取り。。。これこそ最悪ですよね。

フイリリュウキュウイノモトソウ

 ポポさん、お尋ねの趣旨はもっともですが、シダ植物で「中斑」と呼ばれるものは通常の突然変異による斑入りではなく、そういう系統だと思います。外国ではハチジョウシダ類やホコシダにもこの手の斑入りが知られ、園芸化もされていますが、日本では私は野生のものを見たことがありません。イノモトソウやオオバノイノモトソウもこれまで何十万という個体を見てきたことでしょうが、この手の斑入りには一度も出会ったことがありません。
 一般に縞斑とか散斑と呼ばれるものはシダにもあり、ノキシノブの矢羽斑などは有名です。これらは突然変異と呼んで問題ありません。しかしマツザカシダやハカタシダの中斑は、あきらかにそういう系統です。
 鎌形赤血球症はアフリカのマラリア多発地帯に多いのですが、遺伝的には突然変異に起因することが知られています。ここでいう系統も、もともとは突然変異でありながら、自然の何らかの環境に応じて固定された系統かもしれませんが。

>光田先生

先生お早うございます。
早速とても分かりやすく教えて頂いて有難うございました。
斑入りといえどもいろいろで、突然変異で出来るのもあるけれど、今回のリュウキュウイノモトソウの斑入りの場合は「中斑」といってもう固定された系統という事なんですね。
斑入りだ!といって育てても後になって消えてしまったという話は良く聞きますので、突然出来た斑はなかなか固定される物ではないという事はわかります。

ぽぽさんのご質問のおかげで私もまた一つ勉強になりました。

  こんにちは!

 こまつな様、光田様、ご丁寧な説明
ありがとうございます。とても納得のいく
解答でした。

 前回のコメントに書いたオークションに
ついてですが、こちらの画像はフイリ
リュウキュウイノモトソウでしょうか?それとも
只の斑入りでしょうか?

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g122671719

 画像見れませんでしたらスミマセン。
これも「中斑」っぽいのですが。

 よろしくお願いします。


フイリリュウキュウイノモトソウ

 ぽぽさんの二回目のお尋ねについてご返事したつもりでしたが、載っていないので、再び書きます。あとで重複して出てくるようでしたら、お許しください。
 幸いヤフオークションに画像が残っており、見ることができました。ここでいう中斑と同じものでした。ただ、中斑の幅が少し狭く、園芸的にはいま一つかなという感はあります(植物学的には同等なのですが)。
 名護産の山獲りとのことですが、この手の言い方は高く売るためによく使われるので、私はあまり本気にしていません。過去には筑波の実験植物園で保存目的に胞子繁殖されたことがあり、その二世以降のもののうち斑の幅がいま一つのものが売りに出されたのではないでしょうか。
 いずれにしても、人工繁殖品であれ自然の変異物を金をからめて取引するというのは、道義的にはほめられるものではありません。

>光田先生

今、ヤフオクのサイトを見ていた時でした。
私が見た時はすでに終了していて画像が見られませんでしたが、
光田先生に見て頂いて良かったです。助かりました。
どうも有難うございました。

 光田様

 画像の確認ありがとうございました!
確かに産地には根拠がありませんよね。

 その面、こまつなさんが見つけられたものは
学術的価値があり、すごいことなのですね。

 オークションにつきましては沖縄本島産の
希少植物の出品に歯止めがかからず、ヒドい
ですね。このままでは絶滅する植物も出てくる
のではと心配です。何か取り締まる方法があ
れば良いですけど。
 
 この度は大変勉強させて頂きました。

 光田様、こまつな様ありがとうございました!

>ぽぽさん

こちらこそ、有難うございました。

オークションで沖縄の希少種が売られているサイトを知っています。しかも振込先も沖縄の人。。。

昨年と同じ花を見に行って、無くなってしまっていてショックを受けた事が何度もあります。とても嘆かわしいです。
次世代にも、更にその先までもずっと沖縄の自然を残したいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索