FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ツルホラゴケ

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

岩にも木にも良く這って伸びていってました。以前西表では大きな樹幹を覆っていたのを見た事がありましたが、やんばるでもこんなに広がって這っている所もあったのだ!
ツルホラゴケ2012.11-1

といってもここでは木も岩とくっついてて、岩の間を木の根が這っています。かなり年季の入った光景なのかも知れません。
ツルホラゴケ2012.11-2

ツルホラゴケ2012.11-3
葉身は単羽状複生、胞子嚢をつけない葉は辺縁は波状になっています。
ツルホラゴケ2012.11-4
樹幹を這う根茎。葉柄が見えないなと思ったら2cm以内と短いのですね。
ツルホラゴケ2012.11-5
胞子嚢をつけてる葉はあまり辺縁に波がない。裂片の基部はくさび型で上側が耳型に張る。
ツルホラゴケ2012.11-6
胞膜はコップ状で胞子嚢床は長く伸びる。
ツルホラゴケ2012.11-7
スポンサーサイト



コメント

ツルホラゴケ

 ほんと、コケシノブ類の風上にも置けないたくましさ…。「こんな薄い葉で高いところに登るなよ」といつも思います。大きなお世話でしょうけど。
 ソーラスがきれいに撮れているのに感心しました。

>光田先生

先生のお話は何時も印象的なので、今度このシダにあったら、そのまま同じセリフで話しかけそうです。
ホザキカナワラビも私の中ではもうすっかりニート君です^^;

その方が覚えるのに頭に入りやすいし、楽しい講義を聞いている気分です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索