FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ウスバクジャク

チャセンシダ科 ホウビシダ属

暗い沢近くの岩の下側についてました。初めはナンゴクホウビシダかと思いましたが、胞子嚢群の形が違っていました。
ウスバクジャク2012.11-1
雨に濡れながらの撮影でシダが光っています。葉身は単羽状。
ウスバクジャク2012.11-2
葉柄基部は切り形、羽片はほぼ四角形。ほとんど無柄。羽片の基部は前側で切り形、後側は大きく欠落。
ウスバクジャク2012.11-3
葉脈が良くみえます。胞子嚢群は裂片の辺縁近くで、数が少なかった。
ウスバクジャク2012.11-4
根茎は岩の苔に覆われて見えませんでした。背腹性がある、とありましたが。。背は葉柄が付いてる方で、腹は土についている方と解釈して良いのでしょうか。
ウスバクジャク2012.11-5
暗い大きい岩の下側にしゃがんで写していたので、顔に小さな虫がいくつも寄って来て、かなり苦しかったです。
スポンサーサイト



コメント

ウスバクジャク

 お手柄でしたね。沖縄県では絶滅寸前種に指定されているとおり、非常に少ないものです。背腹性の意味は、書いておられるので正解ですよ。 
 pandaさんのこのたびの快挙であるヤクシマホウビシダ、なぜか沖縄県で見つかったという報告をききません。台湾からインドシナ方面にもあるのですから、沖縄にないはずがないと思うのですが…。
 タイトルにきちんと書いておられるように、ウスバクジャクもホウビシダもいまはチャセンシダ属から独立してホウビシダ属に入っていますが、おもしろいのはホウビシダ属に(大東島にもある)ヒメタニワタリがあらたに入ったこと。コタニワタリやオオタニワタリはチャセンシダ属のままなのですが。「人は見た目が9割」なんていいますが、シダは「見た目が1割」くらいのつもりでいるのがちょうどいいかもしれませんね。

>光田先生

先生、こんばんは~ 今日は曇り、小雨、雨と肌寒い一日でした。
このウスバクジャクは絶滅寸前種なんて、そんな大切なシダだなんて全然気が付かず、特徴のあるソーラスに、これでいいんだ~で終わっていた所でした。気持ちを改めなおして対応したいと思います。
そしてpandaさんの快挙のヤクシマホウビシダを今拝見してきました。長崎で初めてなんて、凄いですね!! 私もがんばろ~^^//
そして。。>シダは見た目が1割 なんですか~!
これはほんとに驚きですが、科学の進歩の結果なんでしょうね。
そして分類学に携わっていらっしゃる先生にアドバイスを頂いて、ほんとに感謝しています。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索