FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シマシロヤマシダ

今度こそシマシロヤマシダかなと思って載せてみました。以前にやんばるで見た時はこれもヒロハノコギリシダだと思っていたのですが、教えて頂いたポイントを思い出しながら。
resize16500.jpg

葉柄は緑色、葉は暗緑色とあるがそれほどではなかった。葉は柔らかい。実はこのシダはやんばるではよく見かけるけれど、今まで知らんふりで通り過ぎていたのです。
resize16506.jpg
葉柄基部は汚褐色で早落性の麟片をまばらにつける。
鱗片はシロヤマシダ同様ほとんど残りません⇒この状態でいいのかな。。
resize16504.jpg
古い部分の根茎は黒くてツルツル。
resize16607.jpg
胞子嚢群は線形で中肋近くに並ぶ。
resize16509.jpg
薄い胞膜につつまれてややソーセージ状。ちょっと盛り上がってるから?
resize16605.jpg


スポンサーサイト



コメント

シマシロヤマシダ

 みごと正解! 知らんふりして、これまで通り過ぎてた? なんともったいない…。国内にあるシダのなかではタンゴワラビに一番よく似ていますが、ソーラスが小羽片の中肋に接するほど近くつくので、区別は容易(もっとも、沖縄地域にはタンゴワラビはないと思いますが)。シロヤマシダはソーラスが中間生です。
 これが見つかったとなると、つぎはニセシロヤマシダですかね。こちらは葉柄基部に鱗片がビッシリです。

>光田先生

先生の細かい見分け方のご指導を生かす事が出来てとても嬉しいです。
大丈夫かなと思いつつもドキドキしていました。
タンゴワラビはスルーですが、シロヤマシダとニセシロヤマシダはあるようですね。ポイントはソーラスの位置と葉柄基部の麟片ですね。
苦手なシダも一つ攻略すれば手掛かりがつかみやすくなりそうで、「シロヤマ三兄弟」を頑張って見つけたいです^^//.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索