FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

サンンカクホングウシダ

ホングウシダ科 ホングウシダ属

やや暗い感じの湿った林下にいたカッコいいシダ。前に見た時もそうだけどこのシダは暗い斜面が好きな様だ。
サンカクホングウシダ2012.11-1

葉身は単羽状から2回羽状。長楕円形状三角形。側羽片と頂羽片の先が尖っています。
サンカクホングウシダ2012.11-2
まだ若い葉かな。
サンカクホングウシダ2012.11-3

サンカクホングウシダ2012.11-4
辺縁につく胞子嚢群は所どころで切れる。
サンカクホングウシダ2012.11-5

サンカクホングウシダ2012.11-6
2年前にみた時は自信がなくて閉まって置いたけど、一緒だと思うので載せてみました。
サンカクホングウシダ2010.08-1

サンカクホングウシダ2010.08-2
スポンサーサイト



コメント

サンカクホングウシダ

 おめでとうございます。数少ないシダのひとつ、サンカクホングウシダでよいと思います。
 ホングウシダ類の中ではわかりやすいほうのサンカクホングウシダですが、唯一の難問はエダウチクジャクの小さな個体との区別。もっとも、この写真のものは二回羽状になる前でもソーラスをつけているのですから、間違いないでしょう。
 エダウチクジャクは羽軸や小羽軸に沿って葉脈がかるく結合します。サンカクホングウシダでは、葉脈はすべて遊離。今後は面倒でも葉を明るいほうに向けて、葉脈の一部を写しておくことをお薦めします。

>光田先生

先生、こんばんは~。
一喜一憂の毎日ですが。。^^;。、今日はほんとにバンザ~イ!の日です。万歳でなくてもなぜ違うのか、教えて頂いたらそこでもまだ見ぬシダの特徴がだんだん絞られてくるので楽しいです。

カッコいいシダですよね。、2年ぶりにみました。やはり数は少ないのですね。今回は数株まとまって自生していましたが、すぐ近くで2mはあった大きなハブをみました。ちょっと又同じ所へ行く勇気は無いけれど、葉脈の確認は心がけておきたいと思います。
透かして見る方法は思いつきませんでした。エダウチクジャクもこちらにはややまれにある、と図鑑に書かれていたので、どこかに居るでしょうから探したいです。

大宜味の山地でも見つかりました!

>akahigeさん

こんばんは~。 御苦労さまです。
大宜味でも見つかりましたか!!
地道な調査を続けていらっしゃるその成果ですね~。

こなつなさん、昨日はその他、オオトキワシダの個体群も見つかりました。

オオトキワシダを初めて見た時は嬉しくてとても、テンションが上がったものです。他にもまだまだ色んなシダさんが、潜んでいそうですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索