FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ムッチャガラ

モチノキ科 モチノキ属

久しぶりに樹木の花です。ムッチャガラとは沖縄の方言名ですが、そのまま和名になっています。一度聞いたら忘れないですね。他にはナガバイヌツゲ・シマイヌツゲという名前があります。
山地に見られる常緑小高木。雌雄異株。

追記:(知人より以下の情報を頂きましたので追記します。)
ムッチャガラはナガバイヌツゲの変種扱いで、石垣、西表島、与那国島に産するナガバイヌツゲ より葉が小さく、葉柄も短いことで認識してます(琉球植物誌でも別々に掲載されていました)。
ムッチャガラ2012.11-1
小さな白い花が咲いていました。可愛らしい。
ムッチャガラ2012.11-2
実も一緒についてました。この後黒く熟する。
ムッチャガラ2012.11-3
葉は革質で長さ4~5cm。艶があります。
ムッチャガラ2012.11-4
葉裏はこの通りで葉脈が見えず点々の模様みたいなのが付いてました。
ムッチャガラ2012.11-5
目の前で花も果実も撮れましたが、これは横に垂れ下がった枝。
ムッチャガラ2012.11-6
幹はこんな感じで割と大きかったです。横に伸びた枝には花がいっぱい付いてました。
ムッチャガラ2012.11-7
分布は奄美、徳之島、沖永良部、沖縄。
スポンサーサイト



コメント

ムッチャガラ

 私の後輩に樹木好きがいて、一緒に屋久島に行ったときに「ムッチャガラはないか?」と一生懸命探していたのを思い出します。屋久島ではナガバイヌツゲタイプはあるようですが典型的なものは見つかりませんでした。その後彼と沖縄に行ったときには上々の首尾でしたが。西表のユツンでセイシカの花を一緒に見たことが良い思い出になっています。
 ムッチャガラについて、一つお願いがあります。餅(トリモチ)が採れないからムッチャガラというとネットなどには書かれていますが、出典は不明です。カラを空と解釈しているのですが、古語ではカラは幹の意味もあります。つまり、モチが採れる幹にもなりえるのです。
 おついでで結構ですから、図書館なり古老に聞くなり、ほんとうにムッチャガラはトリモチが採れないことによってついた名前か、確かめていただけませんか?

>光田先生

先生こんにちは! どうも痛い所をつつかれました^^;
この変な名前の由来を「とりもちがとれないので名づけられた」と書いてある図鑑やネット上の説明は多いですが、私は実際やった事がないし、いまいち理解出来なかったので、わざと触れていませんでした。
>古語ではカラは幹の意味もあります。つまり、モチが採れる幹にもなりえるのです。
こうなると別な意味ですよね。樹木に詳しい方に聞いたり、調べてみます。少し時間を下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索