私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カワリバアマクサシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属

カサカサと乾いた葉の落ちる林下で見ました。、胞子葉はオオバノイノモトソウに似てるけど、栄養葉がアマクサシダに似る面白い形のシダだなと思います。
カワリバアマクサシダ2012.11-1

栄養葉は2回2回羽状深裂、基部後ろ側に羽状深裂の小羽片を持つ。
カワリバアマクサシダ2012.11-2
こうなるとすっかりアマククサダですね。
カワリバアマクサシダ2012.11-3
胞子葉は高さがあり、頂羽片は全縁で長線形。同様の線形の小羽片を1~2対付ける。
カワリバアマクサシダ2012.11-4
中軸は頂羽片や上部小羽片の基部が流れて少なめの翼となっている。綺麗な胞子嚢群の様子は少なくて撮れませんでしたが、小羽片の辺縁にいくらか見られました。
カワリバアマクサシダ2012.11-5

カワリバアマクサシダ2012.11-6
スポンサーサイト

コメント

カワリバアマクサシダ

 ほったらかしの畑の中や乾き気味の林の中にあるので、意外にシダ屋は目にすることが少ないシダですね。最初みたときは、「シダは端正なのが命なのに、ナンダオマエハ?」。知らない人に、「オオバノイノモトソウとアマクサシダの雑種だよ」と言ったら信じそうですね(絶対に言いませんけど)。ソーラスは正常な葉でもなぜか切れ切れになっていることが多いです。
 アシガタシダが端正な姿を守り続けて森に潜んでいるのに比べて、カワリバアマクサシダは明るいところに飛び出したやんちゃぼうず(うーまくー)。それなりにかわいいです。

>光田先生

先生こんにちは~  うーまくーまで御存じとは! 
おそれ入りました^^;

全くおっしゃる通りで初めは”ナンダオマエハ!! でした。
それで他にもっと綺麗なのがないのかなと思って探したのですが、これしかなかったです。カサカサしたこんな環境だからでしょうか。
それに。。。初めはオオバノイノモトソウと何かの雑種?と疑ってました。なんでもお見通しですね、(´。`;)・・・

カワリバアマクサシダ

 いえいえ、普久原恒男作曲だったか、ウーマクカマデーという童謡があったでしょう? あれで覚えたのですよ。 ♪うとぅやくむいひらしいが たいゆしんじてぃぬますんど♪
 切ない庶民の親ごころですね。

ウーマクカマデー

先生、こんばんは!
ほんとに良く御存じですね、それで私はちょっと焦って意味を検索。。
読んでみると良い歌でした。逆に教えて頂きました~!
ンジャナバーも出て来ましたね。あれは子供にはちょっと苦いし、フーチバーも子供の頃ならムーチー(餅)なら食べられましたけどジューシーとかは好きではなかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索